アマゾンセラーへの10つの商品リサーチアドバイス

2020-06-24
電子商取引に進出してアマゾンに店を出すという発想もあるのでしょうか。周りの人からの成功談を聞き、関連の文章も読んでいだが、何を売るのかはまだわからないという悩みを持つ人は少なくないでしょうね。
本文は商品リサーチについて、いくつかのアドバイスを整理しました、ご参考にしていただければ幸いです。

1、人気のニッチ商品を販売する

商品を選ぶ時、消費者が購入したい商品を探すべきです。そのため、まず、どんな商品が消費者を熱狂させてしまうのかを把握しましょう。言い換えれば、このような商品は流行っているまたは人気がある商品でなければならないです。しかし、実際のところ、商品の市場トレンドを把握するのは難しいことです。

幸いなのは、最近多くのデータツールがトレンドを推測・分析してくれることです。では具体的にどんなツールがあるのでしょうか?

まず取り上げざるを得ないのが、グーグルトレンド(Google Trends)です。グーグルトレンドを使えば、どんなキーワードでも検索できるようになります。これで、商品に対する消費者のニーズを概算することができます。ある商品をインターネットで検索している人がいる場合、購入したいからである可能性が高いです。

過去5年間のハンドスピナー(fidget spinner)の探索のトレンドを見ましょう。


気づいたのでしょうか?2017年初めから、この商品の検索数(すなわち、消費者の興味)が驚異的に増加しました。グーグルは一ワードの検索回数を明確に表示しないため、すべての検索結果が相対的です。2017年にはハンドスピナーの検索回数が2015年の100倍になっているのがわかります。

要するに、2017年初めにインターネットやアマゾンでハンドスピナーの販売を開始した場合、大当たりする可能性があります。

ご覧の通り、2017年初めにはハンドスピナーへの興味が爆発しましたが、年末になると急激に下がりました。ハンドスピナーの「運命」は、それまでの爆発的な商品と同じようなものになった。一時的に人気になって、あっという間に去られてしまいます。

チャンスをつかむことは重要ですが、むやみに人気商品を販売してはいけないです。アマゾンに出店して成功するには時間がかかり、一夜にして大富豪になる確率は小さいことを覚えておきましょう。

何よりも重要なのは、何としても人気商品を見つけられるようにすることですが、アマゾンで販売されている間、人気を維持できるようにすることです。

2、熟知の商品を販売する

アマゾンでどのような商品を販売すべきかを考えるとき、2つ目のアドバイスはよく知っている商品を販売することです。
アマゾンで成功するかどうかを決める要素の中で、最も重要なのは、あなたの店でのレビューの数と質です。つまり、成功するためには、アマゾンの消費者が好むような商品を見つける必要があります。

しかし、消費者があなたの商品を好むかどうかを知るためには、自分の商品が好きかどうかを聞くのが最適です。消費者の立場に立って、自分の商品の質を把握しておく必要があります。前提として、まず商品について基本的な理解が必要です。

簡単に言えば、自分が購入したい場合、それは良い商品である可能性が高く、消費者に推薦することができます。自分でも買わないなら、やめたほうがいいです。

つまり、自分自身のことを知り、よく知っている商品をアマゾンで販売します。

3、商品リサーチのツールを使う

セラースプライトを活用して商品リサーチしましょう。

アマゾンでいくつかの商品カテゴリーを検索してみると、どの商品を販売すべきかを判断することができます。


商品リサーチを終わったら、この商品のリスティング、コスト、評価など詳しい情報を分析しながら、市場に入るかどうかを判断することができます。

4、生産ラインに発展できる商品を販売する

4つ目のアドバイスは、一気にシリーズを発表するわけではなくて、一連の商品を作ることができるものを売りましょう。

消費者の需要度を完璧に判断することはできない、サプライヤーが納期通りに納品できるかどうかも確定できない、などの原因で、アマゾンに初めて店を出すセラーは、その販売状況を見ながら、ビジネスを拡大するのが最善の方法です。

それにもかかわらず、早い段階でも、カタログをどう拡張するかを考え始めなければならないです。それはアマゾンで商品を売っていると、ささやかな注文が累積して、大きな違いも出てくるからです。

例えば、最初の商品が売れるとします。第二のバリエーション商品の販売したい場合は、前の商品レビューを参考にしてください。どのタイプの広告がより効果的かを把握することができます。また、似たような商品が発売されれば、新しい商品の写真を撮らなくてもよいです。

1つ目の商品を販売する際には、2つ目、3つ目、4つ目、さらに50つ目の商品を考えるべきです。これらのバリエーションは初期のものと似ていても同じではないです。ここで言うのは、商品を選ぶ時、関連していない単独の商品ではなくて、1つの商品のシリーズ全体で考えましょう。


これらの商品は、1つ目の商品とはまったく異なるものになる必要はないです。商品の形状や色、サイズを簡単に調整したり、コア機能を変更した商品に追加したりするだけでもよいでしょう。

要するに、今アマゾンでどのような商品が販売されているのかを考えたとき、将来的に販売したい商品を考えてみましょう。

5、既存の商品を改良し、売れるようにする

一番売れている商品は何ですか?答えはお客様の問題点を解決できる商品です。そこで第5のアドバイスは、アマゾンの消費者のニーズを知ることで、人気商品を判断することです。

ほとんどの企業の商品開発:企業は商品に対して自分の初歩的な考えがあります。そして、その企業は商品を使う可能性のある顧客とコミュニケーションをとり、フィードバックを得ます。企業は顧客からのフィードバックを受けて商品を生産します。最後に顧客はその企業が生産した商品を購入します。もしうまくいけば、商品開発は成功だと言えます。

ネット販売なら、市場リサーチをするのはかなり難しいようです。ある意味では、お客様は名前、出荷先、注文番号だけです。

どうすれば顧客からフィードバックを集めることができますか?答えはレビューです。



アマゾンでは、ユーザーフィードバックの巨大なデータベースが構築されています。それはアマゾンのセラーの評価システム(customer review system)です。このシステムはカスタマーが情報を公開したまま、商品を購入することを支援することを目的としています。また、最初の商品が出品されるまでは、商品自体のフィードバックを得ることができないため、類似の商品からフィードバックを得るしかないです。

それでも、カスタマーのレビューはアマゾン

の新セラーに豊富な情報を提供することができます。より具体的に言えば、アマゾンの人気商品を探している人にとって、それらはインスピレーションとアイデアの重要な源です。

例えばアマゾンで「football display cases」と入力すると次のようになります。


検索結果の1ページ目には、Ultra Pro Football Clear Square Holderという商品が出ていますが、星評価は星3.5に過ぎないです。顧客が十分に満足していなくても、よく売れているという意味です。似たような商品を販売するセラーが、既存の商品の不具合を改善することができれば、その商品は成功できるでしょう。

この点を考慮して、この商品のレビュー、特に悪レビューを見ましょう。


カスタマーはこの商品に対していくつかの不満があります:
安いに見える;

ラグビーボールは箱の中で固定しにくい;

ボールと箱は大きさが違う。

入荷時商品が破損している。

以上の例から、レビューによってアマゾンでどのようなラグビーの展示箱が売れっているのか把握できます。

6、「販売深度」のある商品を販売する

6つ目の提案は「販売深度」(Sales depth)のある商品を選ぶことです。では「販売深度」がある商品とは?

アマゾンでの販売状況を把握するには、アマゾンの売れ筋ランキング(BSR)を見るのが最も簡単です。1つの商品のBSRは、商品の詳細ページの中間に位置します。例えば、下の図は、アメリカンフットボールの展示ボックスのBSRです。

アマゾンは商品の正確な販売情報を外部に公開していないが、BSRから商品が売れているかどうかを把握することができます。BSRの数字が低いほど(つまり1に近いほど)、商品が売れていることを示します。ですから、アマゾンで人気商品を探す場合には、該当商品のBSRを参照してみてください。

しかしそれだけではないです。他にもいくつかの販売業者が異なる商品を提供し、すべての商品には低いBSRがあり、毎日複数の商品が販売されています。このような商品は、いわゆる「販売深度」商品と呼ばれています。すなわち、多くの販売業者が販売に成功するチャンスを持つカテゴリー・商品です。一般的に、この商品はセラーが販売できる最善の商品です。

7、季節商品は販売しない

冬に人気商品を探すと、サンタクロースの飾りやクリスマスイルミネーション、新しいカレンダーなどでいっぱいになります。


しかし、このような商品には明らかな季節性があります。一年のある時間帯だけよく売れています。季節の商品はクリスマス関連の商品だけでなく、ビーチタオル、日焼け止め、水着パンツなども挙げられます。

商品を選ぶ際に、その商品に季節性があるかどうかを考えてみましょう。この商品が分からないうちは触らないようにしましょう。

理由は2つです。一つは、シーズン商品がシーズン中であれば、実際より人気があると騙されやすいからです。2つ目は、商品がどれだけ人気があるかをはっきり知っていても、1年中にオンシーズンとオフシーズンがあると、在庫管理が難しくなります。

8、アマゾンの売れ筋商品リストに載っている商品を売る

人気商品のアイデアを探すもう一つの良い方法は、アマゾンのベストセラー商品のリストを見ることです。
www.amazon.com/gp/bestsellersに入ると、よく売れている商品のカタログがあります。このカタログは、商品別に分類されています。例えば、次の図は、スポーツやアウトドアの商品のカタログです。


視点を変えて、アマゾンの「Movers & Shakers」のベストセラーリストを開くこともできます。このページでは、過去の24時間ベストセラーのカタログを見ることができます。


売れている商品リストを見るのは、売れている商品をできるだけ早く見つけ、先手を打つための良い方法です。このカタログから商品選びのアイデアを得るためには、商品の人気度が上がっている理由を知る必要があります。

しかし、それに関連して、季節性がベストセラーのリストを左右する最大の要因となっています。スキーゴーグル、魔法杯、フランネルシャツは冬のアウトドアスポーツの人気商品ですが、5月に新シリーズのフランネルシャツを発売するのも考えしないでしょうね。
したがって、これらの商品リストを参考にして商品を選びましょう。

9、売れない商品を販売する

第9のアドバイスは、売れない商品を探すことです。なぜでしょうか?

アマゾンは長年にわたり、第三者のセラーがそのプラットフォームで商品を販売することを許可しています。その頃から特に過去数年の間に、市場競争が激しくなって、商品の更新も早かったです。

これは、現在最も人気のあるニッチ商品がかなり飽和していることを意味します。大手ブランドがシェアを占めているか、第三者セラーがすでに成功しているので、新規セラーはなかなか追いつけないです。さらに、新規参入者が同じ市場に集まっていると、市場チャンスはほとんどないです。

以上のように、当面は大衆のニッチ市場よりもミニマム市場を目指しましょう。

ではその市場をどうやって探すべきでしょうか?

アマゾンとグーグルは現在、検索ボックスに自動入力機能(autofill)を提供している。検索ボックスに入力すると、入力したい検索語が自動的に埋め込まれます。自動入力機能は、他人がそのキーワードを何度も検索した結果です。自動入力機能によって、お客様が何を購入したいのか(特にアマゾンの消費者)を正確に把握することができます。

例えばアマゾンの検索欄に「display case」と入力して以下の結果が見られます。


自動入力のキーワードを見て、その中から価値のある情報を抽出します。このうち、どの商品が最も競争度が低く、チャンスが多いかを決定するには時間がかかりますが、簡単に実践できるいい方法です。

10、市場のニーズに応える商品を販売する

最後の提案は出品前に商品をテストすることです。

これまで、多くの異なる方法を検討されてきましたが、実際には、自分で商品の人気を測ることは一番です。つまり、アマゾンのデータで商品の人気を伝えるよりも、自分で商品の需要度を把握したほうがいいです。

アマゾンで商品を出品した後、最初の消費者が商品の購入を決定する前に、Listingがどのような不具合を起こすかをテストし、消費者の商品への不満を回避することができます。

例えば、初歩的な研究をして、アマゾンで売れると思いますが、以下の3つの方法でその考えを検証しましょう。

·Google AdWordsに広告を出して、この商品の広告のクリック数を調べます;

·Facebookでマーケティングを展開して、どのような商品の参加度が最も高いかを判断します。

·簡単な代理出荷サイトを作って、在庫がない状態で商品の売れ行きを見てみましょう。

検証方式には制限はないです。アマゾンで商品を販売する前にアイデアを検証したい場合は、他の低コストのツールを使うこともできます。

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^