アマゾンのブランド分析(Brand Analytics)を判明しましょう

2020-04-27
アマゾンのBrand Analyticsはブランドを登録したセラー向けの機能です。それはセラーに価値のある分析報告を提供し、ブランドセラーが商品、マーケティングについて決断を下す際に助けになります。

アマゾンでブランド登録済みのセラーだけが、この機能を利用することができますので、まだ登録されていない場合は、早速登録するをお勧めします。

これはセラーにとってとても役に立つ機能です。ターゲットの消費者をより良く理解し、より賢明な意思決定を行うことで、より多くの売上高と利益をもたられます。

セラーセントラルでReportsをクリックすると、Brand Analyticsのデータを取得できます。


Brand Analyticsは以下の3つのデータレポートを提供しています。
Amazonスポンサープロダクト検索キーワードレポート(Amazon Search Term Report)
購入分析レポート(Market Basket Analysis)
商品比較と代替購入レポート(Item Comparison and Alternative Purchase Behavior)

1.アマゾン検索キーワードレポート(Amazon Search Term Report)
このレポートにキーワードやASINを入力するだけで検索することができます。サイトごとにフィルタリングすることもできて、レポートの範囲は、毎日、毎週、毎月、四半期ごとに選択できます。


以下はこのレポートの名詞の具体的な説明です。
Search Term:消費者が用いる検索ワード、コアキーワードかロングテールキーワードです。
Search Frequency Rank:特定の時期におけるキーワードの検索頻度の順位です。

アマゾンは具体的な検索数は出していないですが、キーワードの人気度を把握できます。

#1 Clicked ASIN:選択された時間の中で、検索結果からクリック数が最も多いASINです。
#1 Product Title:商品名
#1 Click Share:選択された時間の中で、検索ワードの結果の総クリック数に占める商品のクリック数の割合です。

たとえば、1000人のカスタマーが「ラップトップ・バッグ(laptop bag)」を検索し、各カスタマーが3つの商品をクリックした場合、総クリック数は3000回です。検索結果の中で商品Aが500回のクリック数を獲得した場合、商品Aはその検索ワードの総クリック回数の16.67%を占めるということです。

#1 Conversion Share:この商品が獲得した転換数は、検索ワード全体の転換数の割合です。

例えば、「laptop bag」という検索ワードが1000件販売され、商品Aが100件販売されたとすると、商品Aの割合は10%になります。

クリック数が多いと必ずしも高い転換数をもたらすとは限らないため、検索回数が最も高い商品と転換数が最も高い商品は、同一の商品ではない可能性があります。


2.購入分析レポート(Market Basket Analysis)


このレポートから消費者はよく一緒に買われている商品がわかります。セラーが販売策略を設定する際に役に立ちます。

3.商品比較と代替購入レポート(Item Comparison and Alternative Purchase Behavior)


このレポートは、消費者が同時に他社商品を閲覧しながら、あなたの商品も閲覧した後に最終的に購入した商品の詳細データを提供しています。

これらのデータを使って、自社出品商品が何と比較されているのかがわかります。ライバル商品を見たり分析したりすることで、なぜ消費者が他社の商品を選んだのかが分かります。

Brand Analyticsレポートは、以下の2つのボタンも提供しています。
Data Availability: Brand Analyticsのデータの可用性を示します。


Metric Locator:Brand Analytics内の指標を定位します。


Brand Analyticsの利点

Brand Analyticsには多くの利点があります。まず完全に無料で、しかも大量の価値のあるデータを提供してます。競争相手をモニタリングし、販売を促進する重要な要素を確定することで、販売数とクリック数を最大限に向上させます。

Brand Analyticsのデータを使って、カスタマーの購入行動がわかります。「laptop bag」を例にすると、検索数2番目のは「laptop bag for women (laptop bag for women)」です。これは新品を出すチャンスではないでしょうか。

アマゾンのBrand Analytics機能はまだ初期の開発段階にあり、データが完璧ではないが、大きな価値を秘めています。

Brand Analyticsの成熟にともない、セラーはより多くの有益なデータを獲得することができます。しかし現時点では、ブランドを有するセラーか、ブランドの代表、製造者、もしくはエージェントとして機能しているセラーのみとなっています。

アマゾンデータ分析ツールーセラースプライトでも詳しいブランド分析レポートを提供しているので、アマゾンのBrand Analytics機能を利用できないセラーにお勧めします。

詳しい情報はセラープライトのホームページをチェックしてください:

ご参考に頂ければ幸いです。