Listingが優れているかどうかを診断するには、こんなもんが重要

2020-08-12
消費者にとってListingは商品そのものです。商品がよく売れているかどうかは、このListingの展示状況に大きく依存します。

アマゾンでの運営から見れば、商品は根本的なものであり、商品がなかったり間違った商品を選んだりしたら、運営はもちろんできません。サイト内広告は商品を迅速にトラフィックと露出を獲得するために、広告は不可欠なツールと手段です。もちろん、Listingは運営全体の骨格であり、骨格が完全でなければ運営全体が萎縮したり挫折したりするでしょう。

そのため、Listingの最適化を最も重要な一環として重視しましょう。

Listingの最適化の要素はいくつかあるので、ざっと並べて十数の方面を含みますが、商品自身と顧客のフィードバックの二つの角度から整理することができます。Listing最適化は、カテゴリー選択、タイトル、画像、価格、STキーワード、箇条書き、詳細記述などを含みます。一方、顧客フィードバックの点からは、Ratings、Q&A、Feedback、FBAを含みます。Listingをどう評価するかには、このような要素の分析が欠かせないです。

簡単に言えば、Listingの良否を診断するには、次のようなことを考える必要があります。

カテゴリーが正しいかどうか:

カテゴリーの精確さはこのListingの基礎的な重みに直接影響しており、もしカテゴリーの選択が不精確でならば、このListingの重みは非常に低くなり、広告を出しても、露出を獲得できなくて、更に自然なトラフィックをもらえないでしょう。どのカテゴリーが自分の商品に最も一致するかを知るために、最も直接的なのは、常識とライバル商品を観察することであり、常識の育成で商品に対する熟知度と専門度が高まります。一方、優れたListingは、販売数が良いと評価されていることからも、カテゴリーの精度が比較的高いことが示されています。

タイトル

タイトルはListingの魂、優れたタイトルは優れた販売員であり、話ができて人を説得することもできます。優れたタイトルには、6つの中核的要素が必要——ブランド名、コアキーワード、機能ワード/特性ワード/属性ワード、感覚の修飾語、句読点や数量などが含みます。

画像

先ほど申し上げたように、「消費者にとってListingは商品そのものである」ということですが、「消費者にとって商品イメージ(特にメイン図)は商品そのものである」ということもあります。理由は簡単で、商品の実物を受け取らない前に、消費者の商品に対するすべての想像は写真というものです。商品画像の撮影や処理に注意すべき要素は、立体感、鮮明さ、質感、サブグラフに適切な説明文を組み合わせているか、強い代入感のある応用シーングラフであるかなど様々です。画像診断するには、ライバル商品と比べて、ライバル商品よりいいのが望ましいです。

STキーワード

タイトルにあるキーワードの補足として、また検索行為に参加しているため、STキーワードリストも当然重要視されます。250文字のスペースには、できるだけいっぱい書くようにしますが、関連のないワードや他人のブランド名は入れないようにしましょう。

価格

商品の価格は最適化する必要はありませんが、適切な設定が必要です。3つの価格をすべて設定して、価格が現れる時に「割引線」を表示します。更にできるだけコストをコントロールして、価格が同業者の中で競争力を持つことが重要です。

箇条書き

箇条書きも重要です。なるべく五行の特性を説明書のような、つまらないものに書くのはやめましょう。Ankerの書き方は、1点目はブランドの人気度(カスタマーの帰属意識)、2−4点目は商品の特性(カスタマーが商品を急速に理解)、5点目は包装とサービスです。わずかの言葉で、カスタマーの全ての関心点を覆われて、転換率を大幅に高めることもできます。

詳細記述

これはカスタマーが購入を決定する前の鍵です。うまく書けないと、カスタマーの心を動かすことができなくなります。商品の記述について、4段式の方が最も人を感働させると思います。ブランドのストーリ、商品の簡単な記述、品質の保証と承諾、包装の情報、1つの点でもカスタマーの関心を当たるのがいいです。

Ratings 

真実の良いレビューは商品にとって重要な意義があります。商品品質とサービスに頑張れば、レビューは必ず来ます。

Q&A

質問応答の重みは低いが、あるのはないことよりも良いです。Q&A付きのListingも少しは整っているように見えます。

feedback

フィードバックは店舗と商品の状況をある程度反映しています。Feedbackについては、人為的に増やす必要はありませんがポイントは商品の品質管理、顧客サービスです。販売数がよくなると、自然にFeedbackが来るようになります。セラーが把握しなければならないのは、一つの店舗での30日間のFeedbackの3 ~ 5倍が、その店舗での1日の販売数(アメリカサイト)にほぼ相当するということです。

FBA 

アマゾン全体の注文の60%以上がFBA経由で出荷されています。より高い重み、人件費を節約するために、アマゾンセラーはFBAを直接採用して出荷する方がいいです。

以上の分析に基づいて、Listing最適化の方向を判断しましょう。

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^