アマゾンジャパンにおけるカスタマーのお好み大公開!

2020-04-26
目次
1、見逃せない消費者層:高齢者や独居者
2、日本の消費者が好む消費パターン:ポイント交換
3、日本の消費者の好み:ファッションやホームデザイン
4、日本の消費者が重視するパッケージサービス
5 、日本の消費者が好む写真スタイルと言語表現

日本の消費者は何が特別なのか?彼らには何か特有の買い物習慣があるのか?商品デザインと包装の好みは?どんな商品の文字・画像説明が彼らの購買意欲を高めるのか?

これから日本の消費者に関する情報を紹介致します。

1、見逃せない消費者層:高齢者や独居者

01 高齢消費者:買いたいなら買う

日本は世界で最も高齢化が進んでいる国の一つであり、2019年には65歳以上の人口が全国人口の30%近くを占めています。ますます多くの日本の年寄りの人もオンラインでショッピングしはじめています。調査によると、日本の60 ~ 69歳の高齢者のうち、パソコンを使う人は50%を超えており、その中スマートフォンは74%を占めています。

日本では、多くの高齢者が、特にタクシーの運転手、従業員、サービス業などの仕事を勤めています。これらの高齢者は、年金と仕事収入の両方を持っており、日本独自の高齢者消費市場を形成しています。三菱総合研究所が3万人を対象に実施したインターネット調査の結果、「自分に合った商品なら高くても買う」と回答した高齢者の割合が、若者を大幅に上回りました。価格に比べて、利己的な観念は彼らの消費の主導観念になりました。マッサージや電気製品のほか、高品質ブランドの家電や日常レジャー用のゴルフセット、釣り竿なども人気を集めています。


02 「一人分」が好きな独居者

日本は一人暮らし人口の割合も非常に高くて、2019年には人口の40%になりました。中国の16%を大幅に上回りました。東京だけでも47.3%の世帯が、様々な一人暮らしの学生やサラリーマンなどを住んでいます。彼らの共通のニーズは、「1人分」の商品、小容量の水筒、炊飯器、独立包装の花粉対策マスク、1人用のベッド、個包装の食品などです。

明らかに、欧米の消費者がともすると一箱の「家庭用」を購入するよりも、日本の一人暮らしの消費者が、自分一人用の商品を求めています。セラーが商品リサーチや商品仕様を設計する際に、こうした独居者のニーズを念頭に置いておくことができれば、日本の消費者の心を捉えやすくなるでしょう。


2、日本の消費者が好む消費パターン:ポイント交換

日本のオフライン小売業がこのように発達したのは、独特なポイント交換文化と関わっています。他の国と違って、日本のオフラインのポイントは更に通用で、消費者は消費することを通じて通用のポイントを獲得することができて、その後の消費する際に現金として差し引きます。データによると、消費者の76.4%がポイントを利用して物品を購入したり、電子マネーに両替したりしています。

日本の市場を獲得するために、アマゾンジャパンは特別にロイヤルティ計画——アマゾンポイント計画を始動しました。セラーがポイントプログラムに参加することで商品をアピールし、日本のカスタマーを引きつけて、購買意欲を刺激することができます。

極めてシンプルなことを求める日本人にとって、素朴でしかもデザインがいいな服装が好みです。服飾を購入する際には、コストパフォーマンスの高い商品を探したいと考えています。また、若い人たちは日本のファッション雑志に注目して、旬のファッションアイテムや流行色に詳しいです。例えば、2020年に日本ファッション協会がHuman RedとClassic Blueを当年度の流行色に決定したことで、流行の波が広がっています。

日本人女性はワンピースを着るのが好きで、男性はシンプル風を好む——シングルウェアでも、コーディネートでも着られるTシャツも人気です。痩せているので、日本人男性はズボンを買う時に裾を締めるズボンが好きす。日本では毎年4月からは大学生の就職活動を始まりますので、レースの要素を持ったシンプルなシャツ、スーツなどはこの時期の人気商品です。


3、日本の消費者の好み:ファッションやホームデザイン

01 収納に便利、折り畳み、取り外すが簡単

日本の国土面積は狭いため、人口密度が高いです。ほとんどの部屋の面積が70㎡くらいで、100㎡以上を越えたのは「豪邸」と言ってもいいです。だから、家具用品購入の際に収納の整理と空間を考慮し、小さなサイズの家具、折りたたみ品物やさまざまな収納用品が好きです:

▼折りたたみ式:伸縮式ハンガー、収納ケース、折りたたみかご、棚など;
▼収納に便利な小型家具:収納棚、ハンガー、本棚、アウトドアチェアなど。


02 薄色、シンプル、ナチュラル

色と材質については、日本の消費者が最も好きなのはシンプル風です。つまり原木色あるいは薄色、デザインはシンプルで、ほとんど木質材料を利用したものです。和式家具の需要は安定していて、特に最近ではますます多くの人が家で仕事をしてきました。家庭用コンピュータテーブル、オフィスチェアの需要も増大しています。新生活応援シーズンは、日本の新入社員と大学生の引越しラッシュのピークであり、家庭用品を販売する良いチャンスでもあります。ネットショッピングで消費者は大きな家具を運ぶ必要がないので、商品設計では、色、材質の方面に注意すべきなのは簡単・自然という点です。また、商品の組立難易度も注意しなければならないです。


4、日本の消費者が重視するパッケージサービス

日本は包装を重んじている国です。個包装のお菓子から、大きな電器製品まで、日本の包装の至る所はサービスとその思いやりを感じられます。種類によって包装の「ノウハウ」も異なっています:

▼服飾系の販売者は、スーツを包む際に通常のプラスチックの袋ではなくて、精巧な箱を使います;
▼菓子類には独立した個包装が多いです。外部は包装用紙、紐、立体飾りなどを使われます;
▼タオルなどの小物や家庭用品は、ばらばらに売らずに、パッケージ/ボックスにまとめています;
▼雨に降られると、商品が濡れるのを避けるために多めに包みます。


総じて言えば、日本の消費者を最も感働させる包装は、日本の伝統的な文化の要素を持っていると同時に、現代の特別な要素も持っています。タオルのように本体の差別が小さい商品でも、製品のパッケージに特徴を合わせてデザインすれば他商品から抜き出せます。

5 、日本の消費者が好む写真スタイルと言語表現

日本人は上品であっさりした画像が好きです。彼らの美意識に合う画像こそ、商品詳細ページを開く意欲が湧き上がります。製品によって好みも異なっています。

ファッション関連

ファッション関連の画像では、アジアのモデルや東洋系の顔が日本の消費者の美的感覚にマッチしています。あっさりで明るくて、簡潔なピクチャースタイル、全身のコーディネイトを示して、旬の流行と色に合わせる画像は彼らの心をつかむ要点です。

スタイル別の服装Listing画像は日本のファッション雑志を参照してください。スタイルは揃いていて、スウィート系では「non-no」、「CanCam」、職場系では「Steady」、「美人百花」、男性ファッションでは「Begin」などがあります。


近年、アマゾンは東京にファッションアイテムの運営センターと撮影スタジオを設置し、販売者に商品画像の設置と運営管理などの多方面のサポートを提供しています。これで、さらにファッションアイテムの販売を促進して、日本現地での影響力を拡大しています。

家具類

日本の消費者は気楽な雰囲気と清潔感が好きです。家具類の画像は必ず上品で、商品の情景を注意してください。商品の組み合わせはさわやかで、原木、白、ブラウン、ベージュは最も人気がある色系です。

机や椅子などの大型家具は、ほとんど原木色を採用し、画像の中に、室内の鉢植えや枕カバーなどを組み合わせて、調和、自然、快適な雰囲気をアピールしください。


電子製品

日本の消費者は青/白/グレーの組み合わせによる技術未来感を好んでいます。電子製品のグラフィックは簡潔で、要点がはっきりしているのが一番です。

モバイルバッテリーを例にして、商品の画像は青白色を使用します。要点、アイコンと使用シーンからこの商品の大容量、小体積、携帯しやすいなどの特徴が現れます。


スポーツやアウトドア

スポーツやアウトドア用品の画像では、日本の消費者は、スポーツシーンや自然シーンを組み合わせた衣装セットを見せることを期待しています。季節に合わせて展示することができれば、より「こだわり」を現れることができます。

登山リュックは、該当商品を背負った人が登山する写真を使えば、実用性を強調することができます。椅子の写真は、モデルがリラックスして快適な気候を楽しむことを示されます。


01 言葉がしっかりしていればいるほど、消費者に親近感を与えられる

商品記述の中で、自然な日本語の表現は商品と日本の消費者の間の距離感を一気に縮めることができます——言葉が簡潔で、筋が通じて、文法の誤りがなくて、尊敬語と謙譲語は明確に区別する必要があります。

▼商品タイトル:各文字には半角スペースで、半角英数を使ってください;
▼通常タイトル:ブランドな+商品名+特徴+機能+規格+色;
▼日本語の商品説明文を編集する際に、以上のことを通じて、アフターサービスのコストも下がることもできます。

02 商品仕様情報が詳細になればなるほど、消費者は信頼させる

ネットショッピングをする時、日本の消費者は商品詳細な情報をチェックすることが好きです。サイズ、色、規格、原材料、電源、原産国などの商品の情報が欠けていると、購入しないか、他の店舗の商品を購入するかになるかもしれないです。製品の仕様情報を必ず詳細に書いてください。


03 記述文が生き生きするほど、消費者は安心させる

画像は日本の消費者の選択を左右する最も重要な要素の1つですが、画像だけでは商品の生地、手触り、使用感を表現することが難しいので、よりリアルな体験談や生き生きした記述文を示した方がいいです。

タオルの画像だけでは、タオルの柔らかさを実感しにくいです。文字による説明を補助することで、彼らはより生き生きと製品の特徴を理解することができます。

04 場面の描写が上手であるほど「不安感」が解消される

日本人は迷惑をかけるのが怖いので、直接的な表現が苦手です。そのため、多くの日本人、特に年配の消費者は、ネットで商品を買うことに対して、多かれ少なかれ「不安感」を抱いています。商品の場面の記述に消費者の懸念を考慮してうまく説明すれば、「不安感」を解消することができます。

筋膜マッサージ銃を購入したいですが、使用時の騒音が他人に影響を及ぼすのではないかと心配しているかもしれないです。

05 商品説明には用途が具体的になればなるほど、消費者の購入意欲を高められる

こだわりがある日本人にとって、ショッピングは単に一つの商品を買うことを意味するのではなく、心の中の期待を実現することを望んでいます。「なぜこの商品を買おうとしているのか、それは私の生活に何か変化をもたらしてくれるのか?」という消費者の心理を把握できたら、彼らの心を掴むこともできるのではないでしょうか。