安くて効果が素晴らしいアマゾンスポンサー広告はどうする?これを読めば!

2019-09-29

広告の止まる時間が長ければ、クリック率も高くなります。テストを通じて、トップに付けられている二つの広告は、止まる時間が一番長く、クリック率も一番高いです。

 


広告ランキングに影響を与える要素:

1、関連性

2、カテゴリー

3、過去クリック率と転換率

 

アマゾンは如何に関連性を定義しますか?

もしお客様は広告を作りました、それはライバルの広告よりクリック率も購買率も高いです。そうであれば、アマゾンはこの広告を品質がいい広告だと思います。

例を挙げれば:

例えば、もしお客様の商品はsunglasses for men、でも露出度を高めるために、sunglassesをキーワードにすると、商品がsunglaeese for women、DK sunglassesなどのキーワードの広告の中に出るのは、関連性に満足できませんから、広告の実績点数が下がります。

 

アマゾン広告の効果はどのように判断しますか、そして、ACOSは低ければ低いほどいいですか?

1、セラーが広告をする理由は、売上、利益を高めることですから、ACOSが低けりば低いほと良いではありません。バランスを見つけるべきです。

2、転換率が低い広告に対して、どのように効果を判断しますか。

この判断方法について、筆者は新しいアイディアがあります。例を上げると、みんながわかると思います。 

例:

たとえ、A商品の値段は20米ドル、純利益は5米ドル(原価、輸送費用などを除く)、一ヶ月間の広告費用は500米ドルをかかって、広告により発生した取引は50件であれば。(その間は、アマゾンの外部からのアクセスはないと仮定する)

広告をする前に、A商品の月間平均販売数は75、広告をしてから販売数が140に至ります。


では、この広告の効果はどうですか?

1、広告がもたらす一件の注文のコストは10米ドル(500米ドル/注文50件)

2、ACOSは50%(10米ドル/20米ドル)

3、注文一件の広告利潤はマイナス5米ドル(5米ドル~10米ドル)

このように見ると、この広告の効果はよくないですね、利益がマイナス5ドルですから。


もうちょっと見てください:

広告をする前後の販売数は65が増えます(140件~75件)、販売数の上昇は87%です。(65件/75件)

新しい結果はこれです:

注文一件の広告コストは4.34米ドル(500ドル/115件)

ACOSは21.7%(4.34米ドル/20米ドル)

注文一件の広告利潤は0.64米ドル、総利益は0.64x115=73.6ドル 

従って、この広告は価値があります。

なぜこのように計算しますか。


広告の効果は直接にレポートを読む以外に、他の二つの間接効果があります。

1、自然アクセスの上昇

2、関連するキーワードの増加

検索ランキングを決める第一の要因は販売数、他の要因はありません。販売数が同じであれば、またレビューなどの係数を加算します。

よって、広告が販売数を高めて、ランキングも上昇して、アクセス数も高くなります。それにより、販売数が自然に多くなります。

 

それ以外に、広告はキーワードの関連性も増やせます。例えば、ある商品はA、B、Cという三つのキーワードがあり、広告をする時に、アマゾンは商品の属性、カテゴリーとキーワードを基づいて、より多くのキーワードを作り、DEFGなどです。キーワードDだけはずっと出荷をつくる場合に、アマゾンはキーワードDを商品に関するキーワードだと認めます。もしある日に、広告順位が下落し、商品が広告になくても、カスタマーがキーワードDを検索しても、依然にこの商品を検索できる可能性があります。だから、広告の効果を判断する時に、この二つの要因は見落とすればいけないです。そして広告が間接的にもたらす販売数も加算されべきです。

 

簡単に広告レポートを分析する:

広告を最適化する前提は広告データレポートを分析する能力です。広告データレポートには露出度、クリック数、販売数とACOSという四つの重要変数があります。そして広告の最適化することもこの四つのデータによって分析して、狙いを作って行います。

 

広告のプランを始めると、最初に見るべき変数は露出度です。もし露出度は十分に高くなければ、広告価格が低い、または商品ページの内容が当たってない、システムは正確に認識していないという原因になります。この場合は、まずご自身の商品ページの内容、カテゴリーが一致しているかどうか、キーワードが適切かどうかを確認します。もしこれらを全部できても、露出度がまだ低ければ、基本的に広告価格が唯一の原因だと判断できます。この時に、適当にキーワードの価格を高めることにより、より高い露出度を得ます。

 

露出度が十分である場合に、クリック率も重要になってきます。一般的に、クリック率と露出度の比(CTR)は0.5%に至ります。もしCTRが低ければ、原因が二つあります:

1、メイン画像がよくない

2、広告がリストの後ろに付けています。 

この時に対処する方法は:メイン画像を最適化にすることと、広告価格を調整することで広告の位置を変えることをします。

 

広告は一定量のクリックがあると、多くのセラーはまずACOSの値を確認します、しかし多くのセラーはACOS値で焦ます。なぜかというと、広告を出す初期に、ACOSの値は常に高い、100%以上に至るケースもたくさんあります。単純にパーセンテージから見ますと、このようなACOS値は損しますから、たくさんのセラーが広告を停止しました。

 

実は、広告を出す初期に、ACOS値よりも大切な変数は、購買転化率です。つまりクリックから購買行為まで、その間の転化率(CR)です。一般的に、転化率は15%ぐらいですが、もし15%より低ければ、商品ページの質、値段が高い、レビューが少ない、またはレビューが悪い、ということのいずれが原因になります。ライバル商品と比較して、格差を見つけて、埋め合わせます。転化率が15%になりますと、もしACOSが商品の粗利益より近い、または小さい場合に、広告は割に合いますが、ACOSが粗利益より高ければ、広告を最適化することが必要になります。

 

ACOS値は、ある時間帯に広告コスト割る広告がもたらす売り上げで計算したパーセンテージです。この算式のうち、ACOSに影響を与える変数は、広告価格、商品価格、クリック率と注文数です。この中に、クリック率と注文数は購買行為の後に出る変数ですから、受け入れるしかできないですが、広告価格と商品価格は、ご自身が変えられる変数ですから、最適化する時に、最も重視すべき変数となります。

 

ACOS値が高い時に、もし広告価格も高ければ、適当に価格を下げて見ます。幅は一般的に先週のCPC価格(広告平均コスト)を参考にして、下げた価格は少しだけ先週のCPC価格より高くなるべきです。それから、露出度、クリック率と転化率を見ます。このような調整は、露出度とクリック率にあまり影響を与えないですが、広告コストを下げることができます。同時に、ライバル商品と比べて、もし広告価格を高めとことができれば、ACOSも低くなる可能性が高いです。

 

当然に、広告価格を下げて商品価格を高める方法以外に、レポートの他の具体的なキーワードも分析し、露出度が高い、クリック率が高い、転化率が低いフレーズを排除し、時間帯設定広告などの方法によって、広告コストを下げます。これらも広告を最適化するときの必要なステップです。