2021年におけるアマゾン5大政策のトレンド

2021-02-03

年末年始のシーズン販売も終盤に入りました。アマゾンの販売者にとっては、アマゾンのポリシーの変化を常に注視することが重要です。アマゾンの政策変化の流れを知っておくことで、2021年のアマゾンビジネスがスムーズになります。


以下は詳細内容です。


1 より多くのブランド登録機能


ブランド登録はセラーに多くの助けを提供しています。それはセラーの商標の盗難を避けることができ、追加の販売機能、ブランドページと高度な広告機能などを提供します。ブランドを登録したセラーは、さらにコンバージョン率とブランド認知度を高める A+コンテンツページを作成することができます。


2021年には以下の機能が追加される予定です:


ブランドのセラーはListing権限を設定することができます。


アマゾンは偽造品の取り締まりに努めていますが、リスティングによる相乗り出品が相次いでいます。ナイキやアディダスのような大手ブランドだけが保護され、小さなブランドのセラーはある程度の保護しか受けなれていない。予測によると、アマゾンは2021年にはすべてのブランド所有者が自分のListingを設定できるようになり、承認されたセラーのみが自分の商品をリストアップできるようになるという、これにより、第三者セラーが商品や価格をコントロールしやすくなります。


より多くの動画と高度な広告機能があります。


現在、ブランド登録販売者は商品リストに動画コンテンツを追加することができますが、予測によると、アマゾンはさらに動画機能を拡大し、A+コンテンツやその他の動画広告オプションにクリップ機能を追加する可能性があります。


2 動画コンテンツを拡大する


アマゾンは、ブランド登録販売者だけでなく、さらに動画コンテンツを利用できる一般セラーも増やしていきます。


動画の中で、セラーは商品の機能を詳しく説明することができ、カスタマーに現場で商品を体験するのとは異なるショッピング体験をもたらすことができます。これにより、セラーはブランド認知度を確立し、販売を向上させるのに役立ちます。


アマゾンは2020年9月22日、アマゾンのプラットフォームで販売してから1年が経ったセラーは、リスティングに動画コンテンツをアップロードできると発表しました。しかし、この基準を満たす多くの販売者は未だに動画をアップロードできないと言われています。


動画コンテンツは販売促進にもつながりますから、アマゾンにとっては有利です。2021年には、アマゾンはすべてのセラーが自分のリスティングに動画をアップロードできるようにするでしょう。


アマゾンはすでに、「アマゾンライブ」の導入により、より多くのビデオ機能に一歩を踏み出しています。アマゾンは、購入者が過去に見たり購入したりした商品に関連した動画コンテンツをアマゾンのホームページに掲載すると予測しています。





3 アマゾンビジネスの継続的な成長


新型コロナの流行が続いていることから、オンラインショッピングも引き続き増加する見通しです。全体的な消費レベルの低下にもかかわらず、Eコマース、特にアマゾンのプラットフォームでの販売は増加しています。


2020年第4四半期の消費者動向報告によると、「2020年第3四半期には、70%の消費者がアマゾンで買い物をしている。これに対して、35%の消費者がウォルマートで買い物をし、26%の消費者がTarget.comで買い物をしている。消費者の半数近くが、感染症の予防のため、もはや実店舗での買い物をしないと答えている」と述べました。


この傾向は2021年まで続くと予想されていますが、大多数の消費者は依然として食品雑貨やクリーニング用品、店頭で市販されている薬などの基本的なものをオンラインで購入しています。


まだアマゾンでの販売を始めていないのであれば、2021年はEコマースに参入する絶好のチャンスです。


4 広告機能とターゲティングのオプションを改善する


アマゾンは、「アマゾン・アトリビューション」や「アマゾン・ライブ」、「Sponsored Display Ads」など、販売者に有利な広告機能を進化させてきました。これらの機能を利用するためには、セラーがアマゾンにブランド登録する必要があります。


アマゾンは広告プラットフォームの改善にさらに力を入れ、ブランド登録されたセラーに新たな広告ターゲティングのオプションを追加する予定です。したがって、ブランド登録を申請していない場合は、2021年に申請を検討しましょう。


2021年には、アマゾンは以下のような広告機能の改善を予定しています:


販売者が広告の効果をよりよく理解できるように、広告レポートの内容を充実させます。


セラーの広告シリーズの最適化を促進します。


ブランド認知度の向上、アマゾンストアでのフォロワー基盤の拡大、コンバージョンの増加など、特定のターゲットに向けた広告機能を構築します。


広告ターゲティングの精度を向上させ、顧客の特徴、地理的位置、趣味嗜好などをカバーします。


より多くの非アマゾン広告オプションを提供します。


予測によると、PPC広告コストは2021年に引き続き増えます。PPC広告費用は商品の競争度、特に目標のキーワードに依存します。より多くのセラーがこれらと同じキーワードに入札しているので、競争が大きいほど、より多くの費用を支払う可能性があります。


5 中小企業への支援を増やす


2020年、新型コロナウイルスの発生は、世界中の中小企業に大きな打撃を与えました。アマゾンは世界最大の企業の1つですが、数千万の中小企業が数百万人の潜在的顧客にアクセスできるようにしています。


アマゾンは中小企業の成長を支援するために、物流、ツール、サービス、プログラム、人材に数十億ドルを投資し続けています。


現在、アマゾンには「Shop Local Small Business」というコーナーがありますが、わざわざ探さないとなかなか見つかりません。アマゾンは2021年には中小企業の成功を支援するためのより大きな努力をすると予測されています。


2021年中にアマゾンは中小企業を支援するために以下のような取り組みを予定しています。


アマゾンのトップページで中小企業の店舗を推薦します。


中小企業の商品ページを検索しやすくします。


カスタマーの購入可能ページで中小企業の商品を推薦します。


近くの中小企業の店舗を強調表示し、カスタマーが地域経済を支援できるようにします。

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(2) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^