Prime Day、ブラックフライデー、感謝の日、クリスマス…アマゾンセラーのシーズンが来た!

2020-10-14
EC(electronic commerce)とは、電子商取引と訳され、インターネット上でモノやサービスを売買すること全般を指します。日本における電子商取引のスタートが早い、インターネットのインフラが完備し、ネットショッピング環境も良好で、しかも市場は未飽和の状態です。

インターネットの持続的な発展に連れて、近年、日本の電子商取引市場は高速発展の傾向を呈し始め、ネットショッピングの売上高は持続的に上昇の傾向を呈しています。


特に日本では2021年に東京オリンピックが開催され、経済成長を大きくリードし、オンラインショッピングの出来高は引き続き上昇すると予想されています。電子商取引市場のチャンスがいっぱいで、多くの人はアマゾンというプラットフォームを借りて新しいオンライン貿易の道を切り開きました。

日本の「ブルーオーシャン」市場をいち早く先取りするためには、消費者の需要を把握しなければならないです。

01
日本におけるネットショッピングのゴールデンタイム

多くの人のネットショッピングのゴールデンタイムというと、たいてい夕方に仕事が終わってから、あるいは週末です。


2020年第4四半期のシーズン:ハロウィン、感謝の日、クリスマス、12月の年末です。多くの会社はこの時期にボーナスを支給しています。消費者も新年を迎えるため、大量のネット商品を購入しています。

データ:セラースプライト拡張機能

02
消費者の注文を決める要因

消費者はある目的で商品を検索し、スマホで注文することが多いです。カスタマーは注文する際に重視するポイントは:商品の画像、価格、コメント、商品の機能です。多くの人があっさりした簡潔なページ設定が好きで、画像は日本風に偏っています。一部の消費者は、コメントを参考にして注文します。

珍しい小物

多くの人はネットで珍しい小物を買うことが好きで、これらの商品はオフラインでは買えないかもしれないです。元商品ベースでさらに新機能を開発したり、追加したりすることで、生活の中の小さな悩みを解決できる商品が売れています。

データ:セラースプライト拡張機能

03
一番嫌な買い物体験
調査によると、消費者が「イラつく」と感じているネットショッピング体験は:
物流が遅れていて、ネットショッピングの商品が到着するには1、2か月がかかります;
受け取った商品包装は破損していて、直接消費者のショッピング体験に悪影響を与えています;

商品の品質と色の差があります。受け取った商品の品質が悪いともちろん反感をします。

アマゾン市場のセラーは、市場参入する前に消費者の習慣をよく知り、商品を改善したほうがいいです。また、オンシーズンには、プラットフォームの活動に積極的に参加し、トラフィックと販売数を増えましょう。