ケーススタディ-アマゾンのキーワードをどう書くのか?

2020-05-19
良いキーワードはListingにトラフィックを持ってくることができます。トラフィックがあって、転換率を高めると、順位を上げることができます。Listingの重みを高め、また新しいトラフィックを持ってくることができて、好循環を形成できます。

では、どのようなキーワードが良いキーワードと言えるのでしょうか?定義は、カスタマーが商品を検索できるキーワードです。

本稿では、ミルク泡立て器(米国サイト)を例にして、キーワードツールを利用して適切なキーワードを見つけましょう。
ミルク泡立て器は泡立て器と同じ大きさで、電池単5形2本を使って作動します。


主な手順は以下の通りです。
1、キーワードを収集:関連キーワードを大量に収集する必要があります。使うツールは、キーワード動的マイニング/静的マイニング、キーワード逆引きリサーチ;
2、キーワード選択:集めたキーワードから、使えるキーワードを選びます。必要なツールはキーワードリスト;
3、キーワード書く:抽出したキーワードをListingタイトルとSearch Termに入れます。

一、キーワード収集
キーワード収集を行う前に、自分の商品に対して熟知する必要があります。商品の名前、カスタマーがどのようにこの商品を呼ぶのかを分かった上で、この商品の核心的なキーワードからキーワード拡張を行います。
最も簡単な方法は、最下位カテゴリーのキーワードを直接参照することです。ミルク泡立て器の最下位カテゴリー名はMilk Frothersです。


正確ではないと感じた場合は、セラースプライトのキーワード逆引きリサーチ機能を使って、ライバル商品の注目ワードを見つけましょう。

1、キーワード動的マイニング:システムは入力されたキーワードに基づいて、アマゾンでの細分化市場に位置づけ、そしてその市場のすべての関連コア注目ワードをマイニングされます。
入力キーワード:milk frother、200+の関連キーワードが得られます。


その中にはcoffee mixer, handheld blenderといった字面にはmilk frotherとあまり関連のないキーワードが含まれているが、マウスを対応するキーワードに置くと、それらは同じ種類の商品を指していることが見られます。


キーワード動的マイニングは、各キーワードの背後にある細分化市場を対応しています。ライバル商品のキーワードを大量に再度リサーチする必要がなく、細分類市場に対応するコア注目ワードをすべて把握することができます。

2、キーワード静的マイニング:システムは入力したキーワードに基づいて拡張を行って、いくつかのロングテールワードが得られます。得られたキーワードには検索ワードを含んでいます。
milk frotherを入力すると、milk frotherを含むロングテールワードが得られます。たとえば、milk frother handheld、milk steamer and frother、より正確なトラフィックワードが得られます。


また、キーワード逆引きリサーチ機能の注目キーワードを利用して、ライバル商品が使用するワードからその商品に関するより多くの情報を把握することができます。


得られるキーワードは:
コアワード:frother, mixer, blender, maker
特性ワード:mini, powder, battery, electric, hand
使用対象:chocolate, matcha, latte, cappuccino, drink

人によって、キーワードを探す方法は異なりますが、セラースプライトのキーワードツールで、各種のキーワードを一網打尽することができるだけでなく、キーワードデータを一目瞭然になって、キーワードを選ぶ際に時間を節約できます。

二、キーワード選択
セラースプライト-キーワードリストを使って、集めた多くのキーワードの中から使えるキーワードを選び出すことができます。

スクリーニングのポイント:
1、キーワードの特性は商品とマッチする
例:milk warmerミルクヒーター(×)milk foamerミルク泡立て器(√)
マウスをキーワードに置くと、そのキーワードに収録された商品が目的商品と一致するかどうかを調べることができます。キーワードの後ろのボタンをクリックし、そのワードのアマゾンでの検索結果のページにジャンプして、商品を見ることもできます。



2、キーワードデータがいい
一定の検索数と購入率があって、クリック数の低いコアキーワードです。


或いは検索数はあまり高くないが、購入率の高いロングテールワードです。クリックしてキーワードをチェックした後、キーワードリストに入れます。


以上の操作によって得られたコアキーワードは:


milk frother、electric whisk、latte machine、handheld mixer、milk steamer、coffee frother、milk frother handheld、mini whisk、drink mixer、milk steamer and frother、handheld blender、hand frother、electric milk frother、handheld milk frother、hand held mixer、milk foamer、coffee mixer、latte maker、latte frother、frother battery operated、milk frother electric

三、タイトル&キーワードを書く
1、タイトル
長さの制限:200文字以内であるが、モバイル端末はタイトルの上位60文字のみを示すため、最も重要な情報を上位60文字以内に配置して、完全な表現を構成してください。
タイトル公式:ブランド+コアキーワード+特性ワード+サイズ/色+利用シーン/消費者
[ブランド名]Milk Frother Handheld Electric Whisk for Hot Chocolate,Lattes,Mini Foamer for Cappuccino,Drink Mixer With Stainless Steel,Coffee Frother Battery Operated

2、キーワードを書く
長さの制限:250文字以内(タイトルに使われているキーワードは重複しない)
latte machine handheld mixer milk steamer coffee frother mini whisk milk steamer handheld blender hand frother electric milk frother handheld milk frother handheld mixer milk foamer coffee mixerlatte maker latte frother electric coffee frother wand mixer frother for bulletproof coffee