「市場リサーチ」Amazon商品リサーチの知能時代

2019-08-15

売れる商品を開発するために、参入する市場を調べることは不可欠だと考えられます。今回は効率的な商品リサーチ機能‐「市場リサーチ」をご紹介したいと思います。この機能は、カテゴリごとの販売数トップ100の商品データを抽出して、市場分析を行います。新機能「市場リサーチ」の登場に伴って、商品リサーチの知能時代が切り開かれ 、リサーチを一層効率化することができます。

市場リサーチに欠かせない重要な10要素:


1.市場規模

市場に新規参入する際に、適切な売上目標を設定しなければなりませんので、市場規模を把握することは不可欠です。トップ100商品の月間総販売数と月間平均販売数を確認することで、おおよその市場規模を把握することができます。また、セラーによって狙う市場も異なります。トップセラーは市場規模が小さいカテゴリーに参入するわけにはいきませんし、中小セラーもワイヤレスイヤホンのような市場規模の大きいカテゴリーに参入する可能性が低いと考えられます。



2.市場ニーズとトレンド

重要なターゲットキーワードを5つ選定して、直近三年の検索ボリュームの推移をチェックすることで、市場ニーズ把握することができます。検索数推移がほぼ横ばい状態である場合は、この市場が成熟期に入ったことが判断できます。また、個々のキーワードの季節変動を把握することもできます。季節商品かどうかを知ることで、商品の売れるタイミングで販売することができます。



3.商品集中度 

商品集中度とは、トップ100見本商品の総販売数に対するトップ10商品の総販売数が占める割合、およびトップ10各商品ごとが占める割合を指します。例えば、トップ10商品が総販売数の80%を占める場合は、以下二つの状況が想定されます。状況1:トップ1商品が占める割合が60%で、ほかの9個の商品が全体の20%を占めています。状況2:トップ10の各商品がいずれも全体の10%を占めています。新規セラーに対して、市場に参入する難易度もこの二つの状況によって異なりますので、データを分析する際に、それぞれの状況をあわせて考えなければなりません。


4.ブランド集中度

ブランド集中度とは、トップ100見本商品の総販売数に対するトップ10ブランドの総販売数が占める割合、および各ブランドごとが占める割合を指します。ブランド集中度を知ることで、ブランドの独占状況を判断できます。


5.セラー集中度

セラー集中度とは、トップ100見本商品の総販売数に対するトップ10セラーの総販売数が占める割合、および各セラーごとが占める割合を指します。セラー集中度を知ることで、セラーの独占状況を判断できます。

また、一つのセラーは複数のアマゾンアカウントを持って、市場独占を狙う可能性がありますので、ご注意ください。

 


6.販売期間分布

このグラフによって、時間帯別のトップ100商品の分布、および時間帯別の各商品販売数などのデータを確認することができます。ここで注意すべきことは、同一カテゴリの新規商品は、以前たった三ヶ月で売れ筋商品トップ100に入りましたが、今は半年をかけても実現できないかもしれません。従って、売れる商品を作るには、これらのデータを総合的に分析しなければなりません。


 


7.発売トレンド分布

このグラフによって、発売年別のトップ100商品の分布、および発売年別の各商品販売数などのデータを確認することができます。もし市場シェアの一番高い商品は二年前に発売された場合は、この商品のライフサイクルは2年という長さになることが判断できます。また、最初の発売年次から見れば、この市場全体のライフサイクルの長さを確認することができます。



8.レビュー数分布

トップ100商品のレビュー数分布を知ることで、この市場に参入する難易度が判断できます。競合商品と同じ土俵に立つのは時間とお金をかける必要がありますので、競合商品のレビューデータをしっかり把握しなければなりません。



9.星評価分布

トップ100商品の星評価分布を知ることで、市場の総合評価を得ることができます。総合評価が高ければ高いほど、消費者の満足度も高くなり、この市場は成熟期に入った可能性が高いと判断できます。その場合は、商品差別化を図る戦略も通用しないでしょう。また、どの商品にも長所もあれば短所もありますので、消費者のレビュー特に低評価から、消費者のニーズを把握して、商品の改善点を知った上で、顧客の満足度を向上させることができます。


10.価格分布

価格帯別のトップ100商品の分布を知ることで、どの範囲の価格帯が消費者に受け入れられるかを把握することができます。もしある価格帯の商品の市場シェアが非常に高い場合は、この価格帯で競争が激しいと判断できて、ほかの価格帯に参入すべきだと考えられます。



2020年9月訂正:
セラースプライトが現時点で収集しているデータは商品のすべてのコメントであるため、指標の「レビュー数」を「評価数(ratings)」、「レビュー率」を「評価率」に変わりました。

レビュー数:リアルコメント(Verified Purchase)
評価数:すべてのコメント(直接の評価、Verified Purchase、直接星をつける)を含みます。

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^