ケーススタディ-商品リサーチ:いびき止め器

2020-05-06
家庭の健康保護、在宅ビューティー、在宅中の育児など、感染症蔓延でこの三大需要から多くの売れ筋商品を生んでいます。

最近、セラースプライトのツールで家庭の健康保護あるいは化粧カテゴリーの商品を見つけて欲しい、というセラーの声が多いです。

一、市場を発見する
自己の運営条件を分析する
セラーの実際の情況に合わせて、いくつかの基本的な商品リサーチの需要を整理しました:
1、親カテゴリーは健康用品や化粧品;
2、単価は30ドルを超えない;
3、一日平均販売数は20~30;
4、激しい競争を避ける。

今回の商品リサーチに使うツールは、市場リサーチライバル商品リサーチです。

市場を初歩的に選別する
セラースプライト市場リサーチ機能に入って、以上の条件を具体的な指標に変換しましょう:
1、親カテゴリーは健康用品や化粧類-中小セラーのリスクに対抗する能力が低いことを考慮して、できるだけ風に乗った商品と季節性商品を避けるべきです。需要が安定的であるいは安定的に上昇するカテゴリーに入ってください;
2、単価が30ドルを超えない-平均価格の最大値を30ドルに設定します。
3、1日平均販売数は20~30—月均販売数は300~1500にします;
4、激しい競争を避ける-商品集中度、ブランド集中度、セラー集中度の最大値を50%に設定します。


(新商品の定義は3か月以内に出品するもの;見本商品数は販売数トップ100;トップ商品数は上位10位)

以上の条件を通じて17の細分化市場が見られます。この結果を「新商品数」の降順から切り替えると、すぐ条件に一致しる細分化市場を見つかれます。

カテゴリーツリー:Health & Household › Health Care › Sleep & Snoring › Snore Reducing Aids


アマゾンにリンクすると、このカテゴリーのホームページが見られます。このは鼻腔や口腔に入れていびきを止める商品です。


同市場に対する各データの初歩的な分析を通じて、いくつかの情報をまとめます:
1、月販売数131661、市場容量がそれくらいで、中小セラーに適します;
2、商品の集中度、ブランドの集中度、セラーの集中度が低いし、競争は分散していて、市場の独占率は高くないです;
3、新商品の割合は17%を占め、新商品が受け入れやすいです;
4、商品の育成期が短いです。新商品出品から、トップ100に成長するには最短で3ヵ月です;
5、新商品の平均レビュー数は436、平均星評価4.3、低いコストで評価を得られます。

次に市場分析レポートに入って、この細分化市場について詳しく分析しましょう。


二、市場分析
1、市場ニーズ
このカテゴリーの上位5商品のコアキーワードの月間検索数の推移から:


コアキーワードの月間検索数は0~10万。米国市場にそれほど高くないが、全体的な需要は安定していて、季節性はないです。

2、市場の独占度
商品集中度36.8%:
上位10位までの商品の総販売数は、見本商品範囲内で販売数の38.3%を占めました。


Top1、Top2と他の商品の販売数との落差が大きいが、後の商品の販売数のトレンドが穏やかです。つまり、販売数の分布はバランス的で、独占されていないです。

また、中には大量の新商品が分布していて(青い柱:3ヶ月以内に出品される新商品)、新商品のインパクトが強いです。

ブランド集中度59.4%:

トップブランド(売上上位10位)の総販売数は、見本商品範囲内で販売数の46.4%を占めています。


Top100商品の販売数は64ブランドに分布し、全体的なトレンドは穏やかで、少数のブランドに独占されていないことを示しています。

セラーの集中度は47.1%:
トップブランド(売上上位10位)の総販売数は、見本商品範囲内で販売数の43.2%を占めています。


Top100商品の販売数は64セラーに分布し、全体的なトレンドは穏やかで、少数のセラーに独占されていないことを示しています。

セラータイプ分布


この市場はFBA商品を主とし、新しいセラーが参入するためには直接FBAを発送するという準備が必要です。

FBMとアマゾン直販の商品数の占有率は比較的に低く、販売数は低いので、アマゾン自営からの競争を心配する必要はないです。

3、市場競争難易度
(各区間の柱をクリックすると、その区間の商品明細を見ることができる)

販売期間分布


出品3か月-1年の商品が多いということは、いびき止め器という細分化市場の商品更新が速いということを示します。Top商品は変化し続けて、新商品に対して受け入れやすいです。

出品時間が「半年」のカラムをクリックすると、同区間には大量の新商品があり、新商品の活発度が高いです。


販売トレンド分布


最初に商品を出品したのは2004年で、市場のライフサイクルが長いことを示しています。

2019年に出品する商品の販売数が最も多いということは、カスタマーが1年に出品する商品を選ぶ傾向があることを示しています。

レビュー数分布


レビュー数が500以上の商品の販売数は36.60%を占め、ライフサイクルの長い市場にとっては正常な現象です。

しかし、レビュー数が1−50の間の商品販売数割合も21.00%で、新品についてもチャンスがあります。

星評価分布


この市場の星評価は主に3.5 ~ 4.5の間に分布して、カスタマーはこの市場に対する満足度が高くない、返品・交換するコストが高いかもしれないことを示しています。

このうち、4.0−4.5区間の商品販売数が最も多いことは、Listingに対する評価が高くないことを示しています。

価格分布


Top100商品は全部で7つの価格区間に分布して、競争は主に0-20ドルの価格区間に集中します;
価格区間のカラムをクリックすると、その区間の下にある各商品の内訳を見ることができます。





0—10ドル、10—20ドルの価格帯の商品分布を見ると、新商品の数が多くて、レビュー数も少ないです。この両価格帯は新セラーに適してます。

まとめ:
1、市場の需要は安定して、しかも上昇傾向があります;市場容量は適切で、中小セラーの参入に適しています。
2、Top商品は変化し続けて、新商品に対して受け入れ度が高いです。
3、衝動型消費市場、商品、ブランド、セラーの独占程度は高くないし、販売数はいくつかのListingとブランドに集中していないため、市場の競争は分散しています。
4、価格は全体的に低くて、中小セラーにとって試行錯誤のコストは低いです;また、商品の体積が小さいので、物流コストにおけるメリットがあって、利益空間があります。
5、Listingに対するレビュー数、星評価の要求は比較的に低いです。新商品はこの市場に入る時の運営コストは高くない、商品は一定の改善の余地があります。
6、市場のライフサイクルは長いです。短期的に入ることもできるし、長期的に生存することもできます。

以上のように、これは要求に合う細分化市場です。これから供給商、利潤計算などから、Listingの参考になれる商品をみましょう。

三、見本商品を探す

市場分析レポートの上部から直接「ライバル商品リサーチ」機能に入って、Top100商品明細を見ることができます。


BSRの順位、販売数が安定・上昇傾向にあり、レビュー数が少ない商品を選択して比較分析します。


市場分析レポートの下にある各データ指標の中から商品リストをクリックして選択することもできます。
例えば、市場の10-20ドルの価格区間に入りたいセラーは、価格分布グラフの下の10-20ドルの価格区間の柱をクリックしてみることができます。


一定の販売数があり、販売期間が短くて、レビュー数が少ない商品を選びます。ライバル商品リサーチのページにASIN検索を用いて、その商品の歴史的なトレンドを分析します。


ここでは、Top100の商品明細を比較分析した上で、次のような商品を選択しました。


出品4ケ月未満、月間販売数280;
レビュー数34、星評価2.9、この商品が低い条件で市場を占有できることを示します。つまり商品を作る際に今の商品状況を上回っただけで良い販売数を獲得できることを意味します。

四、利益計算


右側の利益計算機をクリックし、広告コストを10%、返品率を2%と設定して、商品コスト(仕入れコスト+運賃)を7元程度に抑えれば40%くらいの利潤を獲得することができます。


商品下の「Alibaba」ボタンをクリックして、Alibabaにジャンプして同型の商品を探すことができます。


見本商品と同型の商品の価格は1ドルくらいで、コスト要求に合っています。

供給商リンク:https://japanese.alibaba.com/product-detail/magnetic-stop-snoring-nose-clips-anti-snoring-apnea-guard-night-tray-sleeping-aid-device-anti-snoring-silicone-nose-clip-60821830592.html?spm=a2700.galleryofferlist.0.0.519f1ec7KNPnxx

発売する商品を確定してから、次はLisitngを作ることです。セラースプライトはこれに関連するケーススタディも用意しております。

クリックしてケーススタディ—キーワードをチェックしてください。

2020年9月訂正:
セラースプライトが現時点で収集しているデータは商品のすべてのコメントであるため、指標の「レビュー数」を「評価数(ratings)」、「レビュー率」を「評価率」に変わりました。

レビュー数:リアルコメント(Verified Purchase)
評価数:すべてのコメント(直接の評価、Verified Purchase、直接星をつける)を含みます。