「新機能」キーワード市場分析

2019-10-24
出品する前に商品リサーチ段階に新しい指標と方向を与えられます。

アマゾンキーワードにおける市場分析は、該当キーワードが、アマゾンの検索結果の最初の3ページ(自然検索結果)にある商品の平均価格/レビュー数/星評価を通じて、この市場を評価・分析するということです。

数値をクリックすると、該当キーワードの最初の3ページの平均価格、レビュー数と星評価を確認できます。

なぜ最初の3ページの結果を選ぶのですか?それは、最初の3ページには48~144個の商品(広告商品を除く商品数。またアマゾンのページサイズは、各ページ16/24/48個の商品があるので、最初の3ページの総商品数は48/72/144個の程度)があって、これに基づいてのデータ分析は参考になれるのです。

商品リサーチ段階には、どこから着手するのかを迷い、大体の方向を知りたい、と考える人が多いでしょう。こういう時は、以前のやり方は、アマゾンのサイトに検索キーワードを入力して、そして前の何ページの商品のデータに基づいて判断します。その中で最も重要なのはレビュー数及び星評価です。レビュー数からだいたいこの商品の販売数を判断できます、一方、星評価はこの市場の成熟度を判断することができます。

ここで、現在セラースプライトキーワード市場分析という新機能は、このようなデータの整理・統計することを代わりにやりましたので、あなたの時間と手間も節約になります。

特に提示:アマゾンA9はカスタマーの検索行為、購入歴史などに基づいて計算する、という特性があります。またデータの遅延性という原因もあるため、あなたが該当キーワードを検索して、得られる商品数とアマゾンシステム上の商品数は必ず一致できないかもしれない。

この機能には3つの指標があります:

1、価格分布:どの価格帯にまだチャンスがあること(価格差別化)、どの価格帯の競争が激しいことを、判断できます。

2、レビュー数分布:新商品の参入難易度を示します。レビュー数が少ない商品の割合が高ければ、新商品が参入障壁も高くないと判断できます。

3、星評価分布:該当市場の成熟度を示されます。星4.5以上の商品数が多ければ、この市場は既に成熟していて、商品の差別化を通じて競争の障壁を作るのは難しいです。星3.5の商品が多ければ、まだ商品改善の余地があると判断できます。

まずキーワードスプライト-キーワードマイニングのページを開きます。ここでアメリカサイトの「travel yoga mat(旅行用ヨガマット)」を例にします。



市場分析というところの下の数字をクリックすると、具体的な各データが表示されます。

まず価格分布:価格分布において、各価格帯の商品があります、マウスを図のように、各列に置くと、具体的なデータの数字が自動的に表示されできます。こえで、計算すると、0~40ドルの方は73.88%の市場を占め、10~30ドルの商品の競争は最も激しく、40ドル以上の商品の数量分布は比較的に平均的です。違い価格でこの市場を占めることは難しいです。






続いてレビュー数分布:49.5%の商品のレビュー数が500以上、レビュー数500以下の商品が50.5%を占めました。これで参入障壁が高くない、新商品がまだ参入チャンスがあることを表明しています。



星評価分布:47%の商品の星評価は星4.5以上で、3%の商品は星4.0~4.5、星2.0~4.0までの商品が22%を占めされていた。これは市場はあまり成熟していない、参入スペースがまだあることを表明します。商品の差別化、アフターサービス、また商品の性能の改善から着手したほうがいいです。



以上のデータから分かるように、この市場に入るには商品の差別化を行う必要がある、と判断できます。競争は激しいですので、できるだけ20~30ドルの市場に入らないでください。また、この市場に入るコストは比較的に高いです。具体的にサブカテゴリーを分析したいなら、ぜひセラースプライトの他の機能も組み合わて利用してください。

2020年9月訂正:
セラースプライトが現時点で収集しているデータは商品のすべてのコメントであるため、指標の「レビュー数」を「評価数(ratings)」、「レビュー率」を「評価率」に変わりました。

レビュー数:リアルコメント(Verified Purchase)
評価数:すべてのコメント(直接の評価、Verified Purchase、直接星をつける)を含みます。

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^