セラースプライトを使ってアカウントと関連付けられるの?

2020-08-12| ご利用ガイド|読み取り回数(296)|コメント(0)
セラースプライトの新版拡張機能が登場されたことによって、多くのセラーがブラウザにセラースプライト拡張機能をインストールする時、このような懸念があるでしょうね:
同じブラウザでアマゾンセントラルを登録して、セラースプライト拡張機能をダウンロード・インストールすることは、アカウント安全性は確保できるかな?
また、会社によっては異なる店舗を担当する従業員がセラースプライトの子アカウントを共有している場合もあり、複数のアカウントが同一個人で運用されていると判明してしまう心配もあります。

ここでは、セラースプライトはアカウント・店舗に何の影響や問題も与えないことを保証します。

アカウントと関連付けられるなどの問題が引き起こすかどうかを知るためには、まず以下のことを理解しておきましょう。

1、アマゾンアカウントと関連付けられるとは
アマゾンではセラーは1店舗しか持つことができないとしています。「アカウントと関連付けられる」とは、アマゾンが技術的にセラーに関する情報を取得し、関連要因をマッチングさせることで、複数の店舗のアカウントが同じセラーに属するかどうかを判断することです。

2、どのようなことでとアカウントと関連付けられるのか
パソコンの操作:ネットワークカードのMACアドレス、ブラウザのCookiesなど、同じパソコンに復数のアカウント(ホスト)を登録することを避けて、各アカウントが唯一のパソコンハードディスクとネットワークカードに対応することを確保しましょう;
ネット:ルーターのMACアドレス、ネットのIPアドレス、ルーターの物理アドレスはアマゾンに記録されているので、アカウントごとに唯一のネットのIPアドレスに対応することを確保しましょう。もしネットを変更するならば、必ず先に検査して、ネットはきれいな状態であることを確保しましょう;
アカウント情報:登録者の情報、クレジットカード情報、集金アカウント、メールアドレス、アカウントのアドレス、電話、パスワードなどの情報を重複しないでください;
商品情報:多店舗を同時に運営する場合、復数の店舗間で商品の重複、画像が似ている、説明が似ていることを避けましょう(商品の重複情報は30%を超えないように)。

以上のようなアマゾンのアカウントと関連付けられる要因が明らかになれば、日常的な作業では回避することができます。

セラースプライトは大容量データ処理できるエンジンを持ち、毎日アマゾンの各サイトの商品の基本情報、例えば価格、BSRの順位などのデータを取り、セラースプライトの独自なAI人工知能アルゴリズムと結合して、最終的に二次処理した大容量データを提供しています。また、一部の機能はアマゾンの公式APIインタフェースと接続し、ご利用の際にはセラーアカウントにバインドする必要がないため、アカウントと関連付けられるリスクが生じないし、アカウントになんの影響も及ぼすことはしないです。