アマゾンブランド分析(Amazon Brand Analytics)

2022-05-25| 初心者コース,注文ワード逆引きリサーチ|読み取り回数(270)|コメント(0)



ABA(アマゾン・ブランド・アナリティクス)と呼ばれる機能は、ブランドを所有するセラーのみに開放されており、ブランドオーナーが商品の広告ポートフォリオやマーケティング/広告キャンペーンに関して戦略的な決定をサポートできます。

現在、ブランド分析機能には主に以下のモジュールが含まれています。

Amazon検索用語、リピート購入行動、マーケットバスケット分析、商品比較と代替購入レポート。


セラースプライトの「キーワードトレンドリサーチ」や「注文ワード逆引きリサーチ」機能のデータは、データはアマゾンABAデータのキーワード検索(Amazon検索用語)モジュールに由来しています。

このモジュールには、特定の時間帯にアマゾンで最も多く使われた検索ワードと、ワードごとの検索頻度のランキング、そしてそのワードを検索したカスタマーがクリック数Top3ASINが表示されます。



このモジュールの役割:

1、あるASINのトラフィックワード・注文ワードを逆引きリサーチ

アマゾンの公式説明:

アマゾンのキーワード検索におけるクリック共有とは、アマゾンのカスタマーが特定の言葉を検索した後に特定の商品をクリックした回数の合計を、アマゾンのカスタマーがその言葉を検索した後にどの商品をクリックしたかの合計で割ったものです。

転換率共有とは、特定のワードを検索したアマゾンのカスタマーが特定の商品を購入した回数を、そのワードを検索したアマゾンのカスタマーが任意商品を購入した回数で割ったものです。


特定のASINを入力すると、そのASINに対応するトラフィックワードと注文ワードを得られます。つまり、カスタマーはそのキーワードを検索することによって、そのASINをクリックし、転換しました。



(画像:セラースプライト注文ワード逆引きリサーチ)



(画像:ABA-アマゾンキーワード検索エクスポート表) 


2、あるカテゴリーの市場容量を分析

アマゾンでは、カスタマーは主に検索ワードでターゲット商品を探します。一方、アマゾンのキーワード検索におけるキーワード検索頻度ランキングは、特定の検索ワードがどれだけ人気があるのかを、ある期間の他の検索ワードと比較した数字でランキング化した相対的な指標です。特定の検索ワードの一定期間の他の検索ワードに対する人気を定量化し、対応する細分化市場のニーズを反映できます。


たとえば、「水筒」というキーワードは、2022年3月20 ~ 26日の検索順位が125位で、細分化市場別のキーワード検索順位はトップ10が1万位以内で、市場容量が大きいです。



(画像:ABA-アマゾンキーワード検索)



(画像:セラースプライトキーワードトレンドリサーチ)


3、キーワードを拡張

これは基本的な機能で、コアキーワードを入力することで検索ワードを拡張し、関連するロングテールキーワードを得られます。検索結果には検索ワードが含まれます。


例えば、「ゴミ箱」というキーワードを入力すると、「ゴミ箱」の語根を含むロングテールキーワードが拡張され、これらのワードはすべてカスタマーがリアル検索に使うキーワードです。

もっと詳しいキーワード拡張方法は、セラースプライトのキーワードマイニング、キーワード逆引きリサーチを活用してください。



(画像:ABA-アマゾンキーワード検索)



(画像:セラースプライトキーワードトレンドリサーチ)


4、細分化市場の独占度を判断

セラースプライトは、ABAにおけるクリック共有というデータをクリック集中度に統合して、あるキーワードの検索結果ページのクリック数Top3ASINのクリック数が、そのキーワードの総クリック数に占める割合を示し、細分化市場(検索結果ページ)におけるキーワードの独占程度を反映できます。一般的にクリック集中度が高いほど、独占度が高いです。


たとえば「モバイルバッテリー」というキーワードを入力すると、「モバイルバッテリー」を含むTop3キーワードのクリック集中度は30%を超えています。

つまり、アマゾンでのクリックの30%以上が3つの商品に集中し、残りの70%だけが他の商品に分配されているのです。





(画像:セラースプライトキーワードトレンドリサーチ)



(画像:ABA-アマゾンキーワード検索エクスポート表) 


5、ライバル商品に対して自分の商品を最適化

キーワードを入力すると、そのワードでの検索結果にTop3の人気商品の詳細なリンクが表示されるとともに、全体のクリックシェアも見られます。優れたライバル商品と比較して、自分の商品を最適化できます。



(画像:セラースプライトキーワードトレンドリサーチ)


6、ほかの商品リサーチコツは、ここをクリック

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^