アマゾンの翻訳機能をオンにした後、セラースプライト拡張機能にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

2021-02-03| 拡張機能|読み取り回数(2271)|コメント(2)

アマゾンページを閲覧しているときに、翻訳機能またはブラウザの翻訳機能がオンになっている場合、セラースプライト拡張機能に以下のような影響を与える可能性があります。


1、翻訳をオンにした後、システムは自動的にアマゾンページの要素を翻訳し、結果としてタイトル、価格、評価数などのコンテンツがそれ自体のコンテンツと異なることがあります(例えば:言葉の錯乱など);


2、翻訳をオンにした後、セラースプライト拡張機能のシステムロジックに影響を与えて、いくつかのデータ結果を表示することができません(例えば:商品リサーチ各指標の平均計算など)。


【翻訳オフのページ表示】:




【翻訳オンのページ表示】:





解決策:アマゾンのサイト内やブラウザに組み込まれている翻訳機能をオフにして、そのサイト対応の言語を使用します。


1、【アマゾンサイト内翻訳機能】をオフにする方法:


アマゾンの検索ページの検索数の横にある旗のアイコンをクリックして、直接対応する言語を選択するか、あるいは「言語設定」のページで、サイト自体の対応する言語に切り替えることです(例えば:アメリカサイトは英語、日本サイトは日本語)。




2、【ブラウザの翻訳機能】をオフにする方法:


ブラウザのページ翻訳機能を使用すると、ブラウザのアドレスバーに小さなラベルが表示され、このラベルを浮いて、サイト自体に対応する言語に直接切り替えることができます(例えば:アメリカサイトは英語、日本サイトは日本語)。



コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(2) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^