拡張機能ご利用ガイド-ブランド検出機能

2021-09-10| 拡張機能|読み取り回数(1833)|コメント(0)


セラースプライト拡張機能動画紹介>>>
セラースプライト拡張機能-ダウンロード>>>
セラースプライト拡張機能-安全性について>>>

アマゾンは商標権侵害問題を非常に重视するプラットフォームです。 セラースプライト拡張機能は【ブランド検出】機能を追加し、Ⅼistingのタイトルや箇条書きにアマゾンのブランドワードがあるかどうかを自動検出できます。 セラースプライト拡張機能をインストールした後、アマゾンⅬistingページに【ブランド検出】ボタンが見られます: クリックするとシステムが自動的にこのⅬistingを検出し、商品のタイトルや、箇条書きにあるブランドワードを蛍光ペンでマークします: 【ブランド検出】の隣のボタンをクリックするか、又は直接蛍光ペンでマークしたブランドのワードをクリックすると、対応するブランドのトップページ
へジャンプできて、同ブランド経営の商品をチェックできます。 赤マークされたブランドワードは、セラースプライトが収録されているAmazonのブランド旗艦店のブランド名詞です。 新しい名詞は常に登録されているため、セラースプライトはシステムのブランドワードデータを更新し続けております。セラーもListingの画像、
キーワード、タイトルなどを定期的に確認する必要があります。 登録されたブランド商標のワードに関して、Amazonの公式カスタマーサービスによる回答は、画像、
タイトル、箇条書きの説明と記述、検索用語などを含む自社のListingに使用することは推奨されないというものです。 そのブランド商標の名詞を使用している場合、商標の所有者からクレームを受けた後、Amazonは、あなたの商品がブランド侵害を引き起こした、
つまり他人の商標名を使用していると告げる場合があります。 ただし、Listingを編集するときに避けられない、いくつかの一般名詞または商品の一般名詞を含むいくつかのブランド名もあります。
例:以下のmade、when、spaceなどです。 このようなクレームを受けた場合は、まずAmazonに、侵害しているブランド名と商標番号を伝えて、商標が有効かどうか、
およびブランド名の一般名に対する「独占権利」があるかどうかを確認する必要があります。 次に、この一般的な用語を商標として使用したかどうかを明確にしましょう。これらの問題を確認した後、侵害であるかどうかを説明できます。 もちろん、このような権利保護調査のプロセスはより専門的ですが、クレームを受け取ったときに、さらなる検証のために関連するブランド特許情報を提供
するように相手方に依頼することを提案します。情報を受け取った後、専門的な知的財産弁護士と相談するのが最善です。

機能ナビ
クイックプレビュー(図解+動画紹介)
商品リサーチ(図解+動画紹介)

市場分析(図解+動画紹介)

Keepa拡張機能代替(図解+動画紹介)

キーワード逆引きリサーチ図解+動画紹介

キーワードマイニング(図解+動画紹介

キーワード順位チェッカー(図解+動画紹介)

レビュー/Q&Aダウンロード(図解+動画紹介)

Listingメイン画像/ A+画像/レビュー画像ダウンロード(図解+動画紹介)
一括スマートレビュー招待(図解+動画紹介)
ブックマークリスト(図解+動画紹介) 
ブランド検出(図解+動画紹介
FBA利益計算機(図解+動画紹介)
レビュー分析(図解+動画紹介)

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^