キーワードマイニング‐ご利用ガイド

最終更新: 2019-07-08

アマゾンでの検索ボリュームを基づくデータですので、アマゾンバイヤーの検索、購入行動を反映しています
本機能はアマゾン出品者に下記のようなサービスをサポート致します

1. 商品ページ最適化、PPC広告用、SEO対策にご活用いただけます。

2. 市場のニーズを予測し、市場のトレンドと商品ライフサイクルをはっきりとすることができます。 

3. 数多くの商品より売れ筋商品を見つけ出すことができます。

4. ライバル商品を丸裸にすることができます。


利用方法をご説明させていただきます

1. 検索窓にキーワードを入力します。「Anker」を例として入力して、対象国を選び、「キーワードをリサーチ」ボタンをクリックします。



2.1~3秒たて、関連キーワード及び検索ボリュームのデータが表示されます。

注:キーワードは検索ボリュームの高い順に並び替えられます。タイトルの「検索結果数」「月間販売数」「転換率」をクリックすると、表示順を変えることができます。




3. 右側の起伏のアイコンをクリックすると、このキーワードの過去一年間の検索ボリューム、販売数量、トレンドなどの情報をチェックすることができます。



4. 下記のチャートより、例の商品は毎年7月には年間販売のトップに上がって、他の時にはほぼ横ばいで推移となることが判断できます。



5.「年間表示」をクリックすると、2017年~2019年の間の検索ボリュームの推移をチェックすることができます。例の商品は2017年、2018年のトレンドはほぼ横ばい状態が確認できました。よって、この商品は安定した需要をもつ定番商品だと判断できます。



6.「キーワードマイニング」機能を使うことで、ライバル商品を分析することもできます。「Anker」のライバル商品の「Aukey」というブランド商品を例として、検索してみたら、このライバル商品は月間検索ボリュームが9万だと明確になりました。ブランド付きのキーワードは検索ボリュームが1.6万以降の結果より次第に減ることが分かれます。

Anker」を検索したら、月間検索ボリュームは「Aukey」と近くて、6.5万ぐらいですが、ブランド付きのキーワードは検索ボリュームが万以降の結果より次第に減ることとなります。よって、「Anker」のブランド付きのキーワードの検索ボリュームは「Aukey」より高いことが判明できて、「Anker」のリピート率がより高いことも判断できると思われます。

「Anker」の検索結果のチャート:


「Aukey」の検索結果のチャート:


上記は「キーワードマイニング」機能に対してのガイドとなります。アマゾンデータを便利に分析されるように、リサーチの結果データをダウンロードする機能、注目キーワードを一括コピーする機能もリリースしました。キーワードとライバル商品を分析することにご活用ください。