キーワードリサーチ‐ご利用ガイド

最終更新: 2019-06-21

キーワードリサーチ機能は、ユーザーの捜索行為のデータに基づき、ニッチ市場を発見することができます。

様々な商品の違う市場をリサーチすることができます。例えば:潜在市場、転換率が高い市場、人気市場などの市場があります。


利用方法をご説明させていただきます

1. 対象国を選択し、カテゴリーを選択します。例えばベビー&マタニティ、パソコン・周辺機器などの指定カテゴリーを選択します。カテゴリーを選択しなくてよいですが、「すべてのカテゴリー」で、検索をすることができます。




2. リサーチ条件を設定します。条件を設定することで、違う市場を区別して、ターゲットすることができます。

二種類の設定方法を提供しております。ご活用ください。

方法一:リサーチモードと市場選択に詳しい方は、ご自分のリサーチロジックと経験に基づき、リサーチ条件を設定して、リサーチしてください。「検索量が1000を超える」という条件で例を挙げます。



方法二:条件設定に詳しくなくて、参考モードが必要な方は、設定済みの五種類のリサーチモードを提供しておりますが、ご活用ください。



3. キーワードを入力しなくてリサーチすることもできますが、キーワードを入力してリサーチすることもできます。

キーワード「ケーブル」を入力することの例を挙げます。



キーワードを入力した後、「リサーチ」ボタンをクリックします。



4. 1-3秒たて、設定したリサーチモードにおいて、キーワードごとの検索データが表示されます。

注意:結果リストには、キーワードは検索数の高い順に並べ替えられます。タイトルバーの検索結果数、月間販売数、転換率をクリックしたら、表示順を変えることができます。




5. 右側のアクションの部分のトレンドアイコンをクリックするとこのキーワードの直近一年間の販売数、検索数、転換率の動向をチェックすることができます。


また、トレンド表示画面の右上の「年間表示」をクリックして、過去三年間のトレンドをチェックすることができます。



そのほか、「エクセルデータをダウンロードする、クリックボードにコピーする、注目キーワード」との形でリサーチ結果を保存することができます。



後継ぎは機能をアップデートして、市場需要、競争度、市場トレンドと起伏などの各次元よりキーワードリサーチ機能で洗い出す商品を深く分析することを検討しております。お楽しみに。