Listingエディター - ご利用ガイド

2022-10-15| ご利用ガイド|読み取り回数(672)|コメント(0)


商品の正確なキーワードデータベースを構築した後は、キーワードデータベースを有効に活用し、できるだけ多くの潜在的な自然検索トラフィックを獲得できるように、取得した正確なキーワードをListingに埋め込むことも必要です。


Listingエディターは、インポートしたキーワードを元にListingのワード状況を素早く確認し、文案調整してListingの品質を向上させることができます。


利用シーン1:出品前にワードを全面チェック


この機能を利用する前に、正確なキーワードデータベースを用意する必要があります。

キーワードデータベースをまだ作成していない場合は、セラースプライトのトラフィックワード拡張ツールを使用して、競合品を通じてトラフィックワードを拡張することをお勧めします。複数のASINのトラフィックワードに対する一括クエリもサポートしています。

トラフィックワード拡張-ご利用ガイド


また、キーワードマイニングツールを使用して、ワードによってワードを拡張します。関連するキーワードとロングテールワードを拡張するために、コアキーワードを介して、明確なキーワードの方向を決定するために適しています。

キーワードマイニング2.0-ご利用ガイド


9色のカラーバリエーションを持つ筆箱を例にしましょう、そのキーワードデータベースをListingエディターに1行に1フレーズずつ貼り付けるか、txtやExcelから列ごとに直接コピー&ペーストしてください。 (キーワードは最大2000個まで対応)



 

「実行」をクリックします:


 

インポートしたワードとフレーズをもとに、語根を分割し、キーワードマイニング機能により、語根の検索数、転換率、競争度などの指標を取得します。また、インテリジェントアルゴリズムにより、キーワードごとに異なる推薦度を付与します。


推薦度が高いほど、商品へのワードの重みが増えます。Listingのタイトルは最も検索重みが高く、次に箇条書きが高いので、より推奨度の高いキーワードを優先的にタイトルと箇条書きに使用することをお勧めします。

推薦度カラーは、赤>オレンジ>青>紫>白の順です。




用意したListingのテキストを右側のテキストボックスに貼り付けるか、テキストボックスで直接編集し、タイトル、箇条書き、商品説明、検索ワードの順に記入します。

編集時には、入力されたワードをもとに、ドロップダウン・ボックスにおすすめ度の高いフレーズが表示されます。クリックして直接入力できます。



 

テキスト中に記されたカラーブロックに従ってキーワードを調整し、正確なキーワードデータベースからキーワードを使用し、より推奨度の高いキーワードを優先的に使用するようにします。 左側にキーワードの使用率が表示されます。

元のタイトルテキスト:

 



調整後、タイトルに含まれるワードの割合は42.86%に上昇しました。


 

Listingテキスト編集を行う際に、高得点Listing構築の指針として、以下をご参照ください。

1、Listingタイトル最適化ガイド

2、Listing記述最適化ガイド

4、Listing箇条書き最適化ガイド


また、バリエーションが多い商品では、タイトルや箇条書きの説明文を使い分け、色やサイズなどバリエーションに関連するキーワードを該当するバリエーションのListingテキストに埋め込むことが推奨されます。これで、 Listingの各バリエーションが検索される可能性も高めます。

全体のテキストが整ったら、このテキストをListingアップロードフォームやAmazonセラーセントラルにコピー&ペーストして公開することができます。


利用シーン2:既存Listingのワード状況を検出

 

この機能は、新規掲載商品の編集に役立つだけでなく、自社商品および競合商品のワード状況を確認することもできます。

ここでも、正確なキーワードデータベースを用意した上で、右のテキストボックスに競合品のテキストを貼り付けてテストする必要があります。 そして、自社のListingと競合品のListingを比較し、どのキーワードが強く推奨されているかを優先的に確認することで、その違いを把握し、Listingを最適化することが可能です。



コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^