初心者コース‐市場リサーチ

2021-06-01| ご利用ガイド,初心者コース|読み取り回数(2541)|コメント(0)

【初心者向け-キーワード最適化PPT、クリックしてダウンロード
市場リサーチとは、セラースプライトのマーケットリサーチツールであり、主に工場型やブランド型などのセラーに適用されています。

アマゾンの各カテゴリーの本質は細分化された市場です。セラースプライト市場リサーチは、各次元のデータ指標を比較、分析、フィルタリングすることによって、ご自身の状況と優勢に最適な細分化市場を見つかることができます。

市場リサーチ機能の一般的な利用プロセス:
市場調査->市場分析->見本参照->同類商品を探す->利益予測
この流れに基づいて、すぐに出品できる商品が見つけます。

あるいは、他のマーケットリサーチツールを使い、興味のある商品をすでに初歩的にスクリーニングできたら、市場リサーチツールを利用して、当該商品の細分化市場に参入出来るかどうかを検証することもできます。

最も簡単な使い方
1、市場をスクリーニングする
親カテゴリーあるいは子カテゴリーを選択した後、任意のデータの次元を選び、検索結果の細分化市場を序列化して、ご自身の運営状況に合う市場を効率的に見つけることができます。

例えば、初心者セラーはカテゴリーを選択した後、新品数の降順に並べて、新品数の比率が大きいほど、市場チャンスが大きいことを示します。これで速やかに潜在力市場を探し出せます。(いくつかのグレードアップが速い市場には、新品数も比較的に大きいです。例えば服飾類、絶えずに新しいスタイルが出ているので、新米セラーはこのような市場に入る前、真剣に考えたほうがいいです。)

十分な実力を持っているセラーは月間販売数を降順に並べることがおすすめです。月間販売数が大きいほど、市場の容量が大きいことを示します。需要度が高い市場を迅速に見つけることができます。

中小セラーは商品集中度を昇順に並べることがおすすめです。商品集中度が低いほど、販売数の分布が分散し、競争度が高くないし、独占率が低い市場を見つけることができます。


また、ご自身の状況に合わせて数値を調整することもできます。

例えば、初めてアマゾンに参入し、お金の予算があまりない中小セラーは、新商品の比率に注目する以外、予算が足りないため、単価が高すぎる商品を考えないがちですが、平均価格が10~30ドルをフィルター条件として加えたほうがいいです。

激しい競争を避けるために、商品集中度を<50%に設定して、新商品の数を降順に並べます。


 
スクリーニング結果の各指標から、各細分化市場に対して初歩的な理解することができます。これで速いスピードで多数の結果の中から期待に合う細分化市場を探し出せます。
(各指標の後ろの疑問符にマウスを置くと、その指標の詳細な説明が見られますよ~)


たとえば平均セラー数は、セラーと相乗りの数を表します。数値が大きいほど競争が激しくなることを示していますが、同時に市場チャンスが大きくなるということも示しています。

もちろん、市場リサーチツールの各指標をある程度分かってから、自らの考えに沿って、各データの数値を調整しながら市場リサーチを行うこともできます。

2、市場を分析する
各指標について大まかな分析を行い、自分に適した市場を見つけた後、市場分析レポートにアクセスして、分析と比較を行うことができます。


市場分析レポートは業界需要およびトレンド、商品集中度、ブランド集中度、セラー集中度、セラータイプ分布、販売期間分布、発売トレンド分布、レビュー数分布、星評価分布という九つの具体的なデータを分析することができます。市場の需要、独占率、競争難易度を全般的に認識することができます。

たとえば、販売時間分布により、新商品の市場参入の難しさを判断することができます。3ヶ月-半年の商品の販売数比が高いほど、カスタマーは新商品を受け入れやすいということを示します。


3、参考見本を見る
市場全体の分析を行って、市場に入ることを確定した後、市場分析レポートの一番上でライバル商品のページにアクセスして、市場TOP100の商品明細を見ることができます。


出品時間が近い、レビュー数、販売数のトレンドが穏やか・徐々に上昇している商品を見つけ出して、商品開発とListing最適化する際に見本商品として扱ってください。


4、利益の推計する
見本を確認した後、商品の下にある「Alibaba」ボタンをクリックすると、Alibabaにジャンプして同類商品を探すことができます。


右側の利益計算機を開いて、各項目のコストを入力すると、素早く利益率を計算できます。


市場参入の可能性を検証する
市場リサーチツールは市場参入の可能性を検証することにも利用できます。

商品リサーチ、ライバル商品リサーチ、キーワードリサーチなどのツールにより商品を選択でき、市場分析判断を行う必要がある場合、カテゴリー選択またはカテゴリー検索を通じて、直接目標カテゴリーから目標市場を分析することができます。


ライバル商品リサーチや商品リサーチページに入ると、商品の下にある「市場分析レポート」ボタンをクリックして、市場分析レポートページに直行することもできます。


2020年9月訂正:
セラースプライトが現時点で収集しているデータは商品のすべてのコメントであるため、指標の「レビュー数」を「評価数(ratings)」、「レビュー率」を「評価率」に変わりました。

レビュー数:リアルコメント(Verified Purchase)
評価数:すべてのコメント(直接の評価、Verified Purchase、直接星をつける)を含みます。

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^