トラフィックワード拡張-ご利用ガイド

2022-09-24| ご利用ガイド|読み取り回数(785)|コメント(0)



品質の高い競合品のキーワードがすでに証明されているため、トラフィックワードの拡張は、競合のASINを通してトラフィックワードを調べ、より正確なキーワードを得られます。


利用シーン1:マルチバリエーション商品からトラフィックワードリサーチ

例えば、4色のカラーバリエーションがある化粧ポーチの場合、黒だけが最もよく売れる(最もトラフィックワードが多い)というように、バリエーションが多い商品の場合、一般的にはいくつかのバリエーションだけがよく売れる傾向があります。 つまり、マルチバリエーション商品のトラフィックのほとんどは、個々のバリエーションから来る可能性が高く、その他のバリエーションは「おかげを被る」表示されることになるのです。

マルチバリエーション商品のトラフィックワードを調べたいとき、売れていないバリエーションを使うと、結果が出ない可能性が高く、売れ筋のバリエーションで再度調べる必要があります。



 

トラフィックワード拡張機能は、この手間を省き、マルチバリエーション商品にとって使いやすい機能です。

ターゲットとなる競合品を特定したら、競合品のASINをトラフィックワード拡張の検索ボックスに貼り付けて、「リサーチ」をクリックします。

システムは現在のASINが同じListingグループの中で、最もトラフィックワードの多いバリエーションかどうかを自動的に検出します。もしそうでなければ、ベストセラーのバリエーション(つまりよりトラフィックワードの多いバリエーション)に置き換えるか、すべてのバリエーションからワード拡張に使用するかを提示します。



 

同じListingのすべてのバリエーション、ベストセラーのバリエーション、または現在のバリエーションだけを検索に使用するかを選択でき、システムが自動的に結果を切り替えて表示します。

 

利用シーン2:類似商品からトラフィックワードリサーチ

複数の類似商品をフィルタリングし、そのトラフィックワードを一度にまとめてリサーチすることができるので、キーワードデータベースを簡単に数十倍に拡張することができます( 複数ASINからリサーチできたトラフィックワードを結合し、重複を除外して表示します)。


子供用バックパックという商品グループを例にしましょう、カテゴリーKids' Backpacks(子供用バックパック)にBSRリストの上位5商品を競合品とします。

B09F1MSTX8,B0B53894ST,B09DG83R5T,B08MDTNQNS,B09QSRBHF7


これらの5つのASINをコピーして、トラフィックワード拡張の検索ボックスに貼り付け(最大20個までの子ASINを入力でき、2個以上はスペースで区切る)ます。




「リサーチ」をクリックし、

「現在のバリエーションで拡張」を選択すると、170のトラフィックワードが得られます。




「売れ筋のバリエーションで拡張」を選択すると、4,454のトラフィックワードが得られます。



 

「全てのバリエーションで拡張」 を選択すると、6,540のトラフィックワードが得られます。

 



「全てのバリエーションで拡張」によって拡張されるキーワードは、「現在のバリエーションで拡張」によって拡張されるキーワードの約38倍です。

つまりこの機能を利用すれば、売れ筋のバリエーションを手動で見つける必要はありません。 ターゲットの競合品を特定したら、競合品の任意ASINを直接入力すれば、膨大なキーワードデータベースが獲得できます。



 

もちろん、これらのワードがすべて使えるわけではありませんし、トラフィックが少なすぎるキーワードや商品との関連性が低いキーワードを排除しながら、最終的にはより正確で効果的なキーワードデータベースを作成することになります。


検索ボックスの下にある絞り込み条件を利用することで、条件に合わないキーワードを素早くフィルタリングすることができます。

例えば、【ABA週順位】や【月間検索数】など、いずれもキーワードのトラフィックの大きさを判断する指標となるものです。 ABA週間順位10万未満、または月間検索数5000以上を記入することで、トラフィックが少ないキーワードをフィルタリングすることができます。

(フィルタリング条件は参考値であり、実際の運用は該当カテゴリーの市場規模に応じて決定する必要がある)

 


 

検索結果を商品表示モードに切り替えることで、キーワードに対するAmazon検索結果でのTop10商品(自然検索結果)が見られます。

Top10商品の外観を比較することで、そのキーワードが自社運営商品と関連性があるかどうかを素早く判断することができます。Top10商品の中に同一商品が多いほど、そのキーワードは自社商品と関連性が高いと判断できます。

 



そうでなければ、そのキーワードは私たちが売りたい商品との関連性が低く、露出を生み出す可能性が低いと判断できます。

キーワードの前にある番号をクリックすると、キーワードが削除されます。




その他にも、欲しいキーワードをさらに絞り込むためのフィルター条件が多数用意されています。

例えば、SPR指標は、キーワードごとにアマゾン検索1ページ目に到達するために必要な注文数を推定したものです。 このデータを活用することで、1ページ目に到達するために必要な注文数が少ないキーワードを見つけることができます。

また、検索結果をさまざまな指標で並べ替えることで、よりニーズに合ったキーワードを優先的に表示することも可能です。



コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^