セラースプライトを使って注目キーワードを解析しよう

2019-10-18| キーワードリサーチ|読み取り回数(2113)|コメント(0)

セラースプライトを使って注目キーワードを解析しよう

セラースプライトを使って逆引きリサーチしたキーワードは、そのASINと関連性の高いキーワードです。それだけでなく、セラースプライトは検索のボリューム順に並び替えっていて、上位ランキング(降順)にしたキーワードは、このASINに高い注目度をもたらしたキーワードが示されます。

例えば、ライバル商品はコーヒーカップの場合。
カスタマーがまずアマゾンで「カフェ マグ」を検索します。そして3ページ目に該当商品を見つかりました。そのキーワードが該当商品に注目度をもたらしたので、それは有効な注目キーワードとなります。

この例のASINをクリックして詳しくチェックしましょう:B0773WG6NK

アマゾンの検索エンジンA9の立場に立って考えてみましょう。Amazon A9は、購入者が検索したキーワード(Search Phrase)とあなたの商品との相関度を、どのようにして評価しているのでしょうか?

ご存知のどおり、アマゾンの検索結果は、商品の相関度に基づいてその検索順位を表示されています。

例えば、「iphone 充電器」を検索します。
その検索結果の前の3ページは、大体はケーブル「iPhone 充電 ケーブル」、少しだけは充電器「充電器 iphone 8対応」およびモバイルバッテリー「 iphone モバイルバッテリー」です。それはA9によると、そのキーワードはこれらの商品と最も関連性があると考えているからです。

相関係数を計算する際に、1つ核心的な要素は販売数です。アマゾンA9は、「iphone 充電器」を検索したユーザーの大半が、最終的にあるケーブルを購入したことをわかっていたため、充電器よりケーブル商品が検索順位に上がられていた。

ここで相関度の概念を簡単の例にして説明しましょう。
例えばキーワード:お金持ち。定義・判断する際には、まずそれと関連する可能なラベルを考えてみましょう:
大手会社の経営幹部、800万円以上の高級車を持つ、高級マンションに住む、あるゴルフクラブの会員、よく家族を連れて高級なモールでショッピングをする…

アマゾンListingの最適化だとすると、以下のようになります。
・高級マンションに住んでいる:
タイトルキーワード(買う時に不動産価格はまだそれほど高いわけでもないかもしれない)。
・800万円以上の高級車をもつ:
仕様(箇条書き)キーワード(職場にみせびらかすために借金で買ったかもしれない)。
・大手会社の経営幹部:
所属カテゴリー(経営幹部の給料は基本的に確定している)。
・あるゴルフクラブの会員:
検索キーワード(私生活である。経済力を反映されるが、ただのゴルフ交際の可能性もある)。
・よく家族を連れて高級なモールでショッピングをする:
キーワードで検索した結果、売上が上がった(これは最も経済力を反映される要素。だが愛人を連れて行くのはまた別の話、それは「架空注文」に似ている)。

以上の例からわかっていたのは、カスタマーのキーワード検索行動とその結果としての販売実績ができるわけ、これにより、キーワードと商品カテゴリーとの関連性が高く評価される、という事が起こると考えられます。

これで、なぜBoseイヤホンに関するの注目キーワードの中に、「Sony wh—1000xm2」というイヤホンのキーワードが出てきたのかを解釈できます。それはつまり、このSonyイヤホン商品の詳しいページのよく一緒に購入されている商品のところには「Boseイヤホン」があったので、これで「Sony wh—1000xm2」を検索すると、商品検索リストのページに「Boseイヤホン」が現れたわけです。

あるBoseのイヤホンの注目キーワードをリサーチしてみましょう:B0756GB78C
アマゾンで「sony wh-1000xm2」を検索すると、結果は以下のどおり:



アマゾンA9は、各個ASINに色々な「タグ」を付けるように(キーワードを割り当てる)、またそのタグの重要度を点数化(キーワード重要度)されました。これで、カスタマーは検索する時に、各キーワードは重要度によって並び替えられています。

既知のキーワード重要度にインパクトを与える要素、例えば:

Listingのキーワード配置
・商品タイトルに示されるかどうか
・検索キーワードに示されるかどうか
・仕様(箇条書き)や商品説明文に示されるかどうか
・レビューに示されるかどうか
・Q/Aに示されるかどうか

Listing商品の重要度
・Listing出品日付
・Listing販売数
・Listing評価
・Listing価格
・Listing所属カテゴリー

カスタマーによる関連行動
・カスタマーはキーワードを検索した後に商品をクリックするかどうか
・カスタマーはキーワードを検索し後に商品を購入するかどうか
・カスタマーは他の商品を見た後、自社の商品をチェックするかどうか
・カスタマーは他の商品を見た後、自社の商品を購入するかどうか
・カスタマーは他の商品を購入した後、自社の商品を購入するかどうか
・カスタマーは自社のリスティングに滞在する時間

既知のキーワード重要度にインパクトを与える要素は、まだまだたくさんありますが、有効なキーワードというのは、これらすべての要素を重ねていて、購入者の前に現れた商品のキーワードです。

セラースプライトはここでワード順位を、注目度の高い順にランキングしました、すなわち検索数です。

つまり、有効なキーワードが必ずタイトルの中のキーワードというものではない、検索キーワードのキーワードでもない、それは商品に確実な注目度をもたらしたキーワードです。

例えセラースプライトが100個のキーワードを推薦すれば、この中の上位の10個のキーワードはこの半年間に、最も多くの注目度をもたらしたユーザー検索ワードであることに間違いない。
しかしアマゾンで検索する際に、同じページに現れたっても、ASINはこのページの上か下かにいることによって、セラースプライトは注目度を計算する時に考える比率も違います。

セラースプライトで計算し得たのは最も高い注目を集めたキーワード(検索ワード)ですが、その最も高い注目を集めたワードは必ずしもクリック率が最も高いするキーワード(クリックワード)というものではない、また販売率が最も高いキーワード(購入ワード)でもないかもしれない。
しかし、検索ワードの上位10個のワードと購入ワードの上位10個のワードが重なっている場合が多いので、上位10個のワードが商品の50%~80%の検索数や販売数を占めされている場合がほとんどです。
これについて、次の例のASINのレポートから検証されます(旅行用枕):



注目キーワードは商品のタイトルや検索キーワードから抽出されたワードではなく、それはカスタマーの検索行動から抽出されたキーワードです。そのため、Listingの最適化を行う際には:
・ライバル商品の注目キーワードに基づき、自分の商品に適したListingキーワードを選び出して、そのキーワードを商品の各要素に浸透させることが必要です;
・外部広告をする際にもURLに最適なキーワードを配置します;
・CPC広告を配信する時に、ライバル商品の注目キーワードに基づいて的確な配信を行います。



コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^