セラースプライトブログ
【TOP】【保存版】セラースプライト出品-アマゾン2023年度データ報告書
お待たせしました!今年の「Amazon2023年版データ報告書」がついに大公開です!
アマゾンの世界市場概況、プラットフォームの発展と変化、アマゾンの販売実績、アマゾンセラー・カテゴリーデータという4つの側面から、アマゾンの急速な変化を洞察し、海外における2024年の新たな方向性を一緒に探しましょう!
もっと見る
【新機能】Googleトレンド
ビッグデータ時代の今、データそれ自体がとてつもない価値を持つようになりました。国またぎの電子商取引において、いかにして有益な情報を掌握し、富を生み出すのか?が新たな成長点にもなっているほどです。データ分析というと、多くの人が「疎遠」に感じるかもしれませんが、実は初心者でも使いやすいデータツールがあるのです。それが「Googleトレンド」です。Googleトレンドとは一体どのようなもので、どんな使い道があるのでしょうか。
もっと見る
【新機能】店舗新商品モニタリング
アマゾン上で皆さんの店舗のことを一番よく知っているのは誰でしょうか?それは皆さんご自身ではなく、皆さんのライバルセラーかもしれません。孫氏の兵法に「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」とあるように、ライバルセラーの店舗をモニタリングすることは、アマゾンでの店舗運営上、とても有益です。ライバルをモニタリングすることが、そのまま商品リサーチの1つの方法にもなるからです。
もっと見る
日本サイトネット有名人が販売促進の時代、日本での「李佳琦(Austin)」のようなネット有名人を利用して、アマゾンの超人気商品を作ろう!
「良い酒にも看板は要る」という諺があるように、現在、市場には商品がさまざまなので、消費者はより広範な選択肢を持っています。そのため、セラーは知恵を絞り、どうやって周囲を突出させ、より多くのカスタマーの目線を集まって、超人気商品を作れるのか、という問題は出てきました。
もっと見る
アマゾンセラーの困惑:なぜ入札額を下げたのに、ACOSはかえって高くなったのか?
PPC広告を作成する際に、ACOSが高すぎるためその入札額を下げることを通じて、ACOSも下げられるではないか、と考えているセラーが多いです。

しかし、実際の状況はそうではないです。入札額とACOSと直接関連しているけど、以下の4つの場合には、入札額を下げてもACOSを減らすことはできないです。
もっと見る
成長の盲点を見つけよう! ーアマゾンセラーが重視しなければならない5つのKPIー
KPIを通じて、店舗のパフォーマンスを把握することができます。多くのセラーは、売上高、利益、販売可能在庫などの基本的な統計データを関心を持っているですが、ビジネスを健全に発展させ、その状況を深く理解するためには、いくつかのKPIに注目しなければならないです。
もっと見る
アマゾンの店舗をモニタリング際に、その店舗IDをどうやって見つけるのか?
アマゾンの店舗をモニタリング際に、その店舗IDをどうやって見つけるのか?
もっと見る
アマゾンテクニック・ライバル商品の転化率をどう計算するのでしょうか
セラーは、ライバル商品の転化率が分かれば、商品における市場情報を把握し、listing最適化を行い、SEO戦略を調整することができます。では、どうすればライバル商品の転化率を得られるのでしょうか?答えはアマゾンのBrand Analyticsのレポートです。
もっと見る
オンシーズンを迎えるに当たって、アマゾンセラーへのアドバイス
オンシーズンを迎える時には、セラーは売り上げが急増し、巨利を期待していますが、その在庫対応は十分に用意できていますか?
もっと見る
出品者はアマゾン広告の展示位置に応じて、どのように入札額を調整しますか?
アマゾンPPC広告には、検索結果ページの上部とその他の位置、商品の詳細ページの位置など、複数の展示位置があります。もちろん、広告の展示場所ごとの転化率、クリック率、それに平均クリック単価 (CPC)も異なっています。
もっと見る
アマゾンで出品できる商品をリサーチする方法―カテゴリーを通じて市場リサーチ
アマゾンは電子商取引のプラットフォームです。カスタマーはネット上の電子商取引のプラットフォームを、缲り返し比較してから注文しています。なぜなら、異なるプラットフォームの商品を比較するのが簡単なことで、ネットで一足の靴を買おうとしたら、わずかの時間で100つの商品までを一閲することができます。それぞれの商品の詳しいページを見る時間は1分だけで十分です。
もっと見る