Amazonに勝てる絶対ルール:商品最適化には触れてはいけない9つのこと

2020-05-26
商品の最適化を行う際には、データからのフィードバックを考えながらしなければならないです。
勝手にListingを調整したり、「私はそう思う」など感情的な考え方で最適化したりするのではなくて、軽重緩急を区別し処理する必要があります。

01
タイトルは出品前に考えてください。出品してから頻繁にタイトルを変えるのは良くないです。タイトルにはキーワードを積み重ねないこと、文法の論理は正しいことを確保してください。他の検索プラットフォームでは、一定数のキーワードと重複フレーズはランキングアップに有利ですが、アマゾンでは、Listingに必要がないキーワードを積み上げることは禁止です。これは多くの新米セラーは、最初にListingを作る際に間違えやすいポイントです。論理的ではないタイトルから、一体何を売っているのかは分からないです。

02
商品詳細ページを最適化する際に、すべての内容を完全に入れ替えることはしないてください。内容の三分の一を超えないように局所的に置き換えましょう。

03
詳細ページを最適化するたびに、市場ニーズトレンドやCPC分析のキーワードデータに合わせて、キーワードを替えましょう。

04
商品のメイン・画像を最適化します。元の画像より「入れ替え画像」のクリック数が多い、ということを保証できない場合は、画像の1枚目に入れないようにしましょう。また、5枚の画像を全て入れ替えることはしないでください。バリエーションがあれば、売れ行きの悪いバリエーションにABテストをし、効果があるかどうかをチェックしてから、売れ筋商品の画像を変更しましょう。

05
商品の販売促進価格は、頻繁に変更しないでください。市場価格区間の分布、既存の注文数の変化を参考しながら、3-5日という周期に小幅に最適化しましょう;価格は30%を超える・下回ると、商品の重みがなくなるのでお気をつけてください。

06
1日の注文価格は何度も修正する(しかも30-40%を超える)ことはしないでください。低価格の商品は、価格改定後に必ず商品ページにて、価格は低すぎるかどうか、アマゾンに"ADD ON ITEM "タグを入れられているかどうか(そうであれば価格を調整)をチェックしましょう。

07
カテゴリーおよび出品後に確定した属性ワードを勝手に変更しないてください。

08
出品する際に、自分なりの完備な運営方式を考えましょう。この考えを商品詳細ページに徹底して、後期の最適化のコストも多少削減できます;例えばタイトルのキーワードの配列、原価(将来の販促価格を考える)、カテゴリーや属性、メイン画像(新商品の段階では主にターゲット消費者グループを意識する)など、すべてのことを考える必要があります。

09
商品が販売されると、アマゾンA9アルゴリズムは商品の基礎情報と重みを計算し始め、その中から商品が優良商品であるかどうかを判断して、同レベル商品の審査に入れます。プラットフォームは「商品を切り替えたかどうか」、「最適化された重みを再計算」などを何度もチェックしますので、頻繁にListingの各面を最適化しないでください。