レビューから星評価まで、セラーが考えなければならないこと

2019-12-24
「なぜListingの星評価数が12個を示しているのに、10個のレビュー数しか見えないのか?」

「なぜ元々星4.5のListingは、レビュー数が増えていないのに、星評価の数が多くなったのか。肝心なのは、星評価も下がっていて、販売数も減ったことだ。これはどう対応すればいいのか。」

多くのセラーは、上記のような思惑を持っているでしょうね。

「アマゾンのアルゴリズムが変わった」ということは最近の話題ですが、しかし、一体どのような変化があるのでしょうか。

広告スペースが増え、キーワードランキングのアルゴリズムが変わりました。また、売れ筋ランキング、Amazon's Choiceやアマゾン直販などの項目が出てきました。ほかには、レビューから星評価に変わったことも注目しなければならないです。


新しいアマゾンの評価体系には、アマゾンはカスタマーに評価をつけることを提示します。以前との違いは、カスタマーはレビューの内容を書く必要はない、直接その星をクリックすればいいです。このような調整で、カスタマーにそのレビューを書く時間を減らすことができる一方、商品のレビュー率もある程度に高められます。

アマゾンの考えは、このような調整を通じて、段階的にカスタマーにレビューをするの習慣を育成できる一方、セラーの架空注文をやる行為もある程度干渉できます。このように、星評価だけがある内容はないレビューを増えると、セラーがその商品のレビューと評価を操作したいとしても、大量な架空注文・偽評価が必要という意味をします。またアマゾンから一番打撃したいことも、その偽評価をする行為ですが、真実のレビューを誘導する一方、偽評価も打撃しつつことで、自然に偽評価はそのListingのランク付けと重み(ウエイト)への妨害も増えています。

アマゾンのこのような調整では、当然レビューの重み(内容に対しても、数量に対しても)を下げていて、星評価の重みを上げています。これは一部のセラーのレビュー数が変化しないのに、星評価が大幅に下がっていて、売上やランキングも大幅に下がった原因となっています。

新しい状況に対して多くのセラーはどうすればいいのかわからないですが、その変化のロジックを理解して、対応策を考えましょう。

具体的に言いますと:

1、星評価は重要です(レビュー自体も星評価の一部です)から、セラーは重視しなければならないです。日常的な運営の中で、悪い評価があるかどうかをチェック・対応するほか、毎日Listingの星評価の状況を記録しなければならないです。星が下がるとすぐに挽回する措置を取るべきです。

2、アマゾンは星評価を通じてセラーの偽評価行為を抑制しています。アマゾンは偽評価に対する打撃は長期的なので、セラーのアカウントの長期的な安全性の角度から、できる限り架空注文・偽評価などの違反行為を避けるべきです。

3、内容のない星評価は見えないですが、Listingの星評価の低いなら、販売数、ランキングへの影響は大きいです。セラーの対応策としては未然に防ぐことです。低い星評価の大量流入を注意し、商品の品質を確保し、できるだけ商品のパッケージデザイン、商品の部品、説明書とアフターサービスカードなど、細かいところにも重視します。カスタマーに商品のほか、出品者の思いやりも感じていたら、より高い星評価を残すでしょうね。

2020年9月訂正:
セラースプライトが現時点で収集しているデータは商品のすべてのコメントであるため、指標の「レビュー数」を「評価数(ratings)」、「レビュー率」を「評価率」に変わりました。

レビュー数:リアルコメント(Verified Purchase)
評価数:すべてのコメント(直接の評価、Verified Purchase、直接星をつける)を含みます。