アマゾンの Brand Analyticsを利用して、商品を「よく一緒に購入されている商品」に出られます!

2020-06-17
Brand Analytics(ブランド分析)はアマゾンがブランドの販売者のために提供するデータ分析ツールであり、販売者はアマゾンにブランドを登録しなければならないです。

Brand Analyticsはセラーに3種類のデータ報告を提供しています。

・アマゾン検索用語レポート(Amazon Search Term Report)
・購入分析レポート(購入分析レポート)
・商品比較と代替購入レポート(Item Comparison and Alternative Purchase Behavior)

今日の内容は、購入分析レポートが提供する情報を利用して、「よく一緒に購入されている商品」コーナーに登場する確率を上げる方法をご紹介します。

購入分析レポートとは?

購入分析レポートとは、カスタマーの購買行動を追跡し、顧客があなたの商品を購入する際に一緒に購入することが多い商品のことです。

セラーは、四半期ごと、毎月、または毎日のような、ある時間範囲内のデータを探すことができます。セラーが時間を選択した後、購入分析レポートでは、時間の範囲内のすべてのASINで消費者が最もよく購入する3種類の商品をまとめています。

レポートは、この3つの商品の割合データを提供しています。即ち2つ及びその以上の商品(セラー自身の商品を含む)を購入したすべての注文のうち、消費者がその商品を一緒に購入した注文の割合をパーセントデータとして提示しています。


注意:レポートには消費者がこれらの商品を一緒に購入した理由は説明されていないです。

一般的に、このレポートに登場する商品の多くは、自社商品と相補的な商品である(例えば、ライバルが販売されている商品)。似たような商品、例えば消費者が複数のブランドの似たような商品を購入して、どのブランドが一番好きかを決める場合もあります(これは滅多にない)。

どうすれば商品を「よく一緒に購入されている商品」に入るのか

では、セラーはこのレポートのデータをどのように活用して、自分の商品が「よく一緒に購入されている商品」ページに出現する確率を高めるのでしょうか?

「よく一緒に購入されている商品」というのは、アマゾンがカスタマーの行動から自動生成したデータです。セラーは、購入分析レポートのデータを利用して、特定の商品広告を作成し、あなたの商品が「常に一緒に購入する」確率を高めることができます。具体的な手順は以下の通りです。

1、まず、スポンサー商品広告シリーズを作ります

セラーセントラルのCampaign Managerをクリックし、Create Campaignを選択します。


2、広告を作成します

広告シリーズに名前を付けて予算を設定した後、広告グループを作成し、広告グループのタイプProduct Targetingを選択します:


3、ASINを記入します

購入分析レポートを閲覧して、最もよくあなたの商品と一緒に購入するASINを見つけて、広告設定のIndividual ProductsにそれらのASINを入力します。


4、入札額を設定します

入札額を設定する際には、できるだけ低く設定します:


5、商品ページ位置の入札額を上げます

なお、商品ページ位置の入札額を上げるには、広告シリーズでのみ設定可能であり、単一の広告グループでは設定できないです。これは、広告シリーズが提供する位置に応じて入札額を調整する機能です。


入札額戦略Fixed Bidsを選択したほうがいいです。

この広告の原理は、Product targetingタイプの広告は、ターゲットASINと同じページに商品を表示させます。

また、別の商品の詳細ページに商品を投入することで、一緒に購入される確率が高まり、「よく一緒に購入されている商品」という確率も高まってきます。

なお、Product targetingというタイプを選択したのは、この方の広告コストが低いからです。

Keywords targeting広告を選択したら、あなたの商品はターゲットASINのキーワードとのギャップが大きい場合、アマゾンはより高い広告料を請求します。例えばバナナを販売していますが、ターゲットASINのキーワードがアボガドである場合です。
大量のコストをかけて検索結果に現れても、商品と検索ワードが相関しないため、低い転化率を招きやすいです。

6、毎月定期的にレポートをチェックします

これらのステップを完了したら、購入分析レポート(定期購読可能)を月に1回チェックし、新たなASINが出現しているかどうかを調べて、上述の3 ~ 5番目のステップを繰り返します。


以上が「よく一緒に購入されている商品」ページに商品を出現させるための戦略の一つであり、ぜひ試してみてください

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^