アマゾン2020年の予測:セラーが知るべき5つの変化

2019-12-31
本文は2020年にアマゾンに関する5つの予測をリストしました。

1.アマゾンはBuyer-Seller Messagingサービスを終了すること

アマゾンのBuyer-Seller Messaging(売り手・買い手メッセージ)サービスは、アマゾンの第三者のセラーが商品を購入したカスタマーと直接的にコミュニケーションできるツールですが、2020年にこのシステムを廃止する予定だそうです。

なぜかと言うと、まずアマゾンには過去の2 ~ 3年間に、第三者のセラー(特にアマゾンFBAを利用するセラー)は、そこから商品を購入するカスタマーとの交流は難しくなりました。

2017年3月、アマゾンは米国のカスタマーが、Buyer-Seller Messaging中のメッセージを受信しないことを選択できる機能を追加しました。1年後、アマゾンはこの政策を英国や日本にまで拡大しました。

そこで、セラーはカスタマーにEメールを送信すると、以下のメールを受信します。

親愛なるセラー:

我々はあなた[order number]に送ったメッセージを送伝えることができないです。なぜなら、カスタマーは、セラーからの未請求メッセージの受信を拒否することを選択しているからです。

この政策について、一部のセラーは、アマゾンのセラーフォーラムで「顧客がメッセージを拒否することは、アマゾンの顧客の体験を向上させるのには役立たず、セラーにとっても価値がない。この政策は何の意味もない」とコメントしました。

アマゾンはBuyer-Seller Messagingをキャンセルしようとした次のシグナルとは、その通信サービス条項の更新です。

2019年11月17日、アマゾンはセラーの情報に関するメールを送りました。中には具体的にセラーがカスタマーとのコミュニケーションにおいて何が言えるか、何が言えないかを制限しています。また、カスタマーにコメントやフィードバックを要求する回数も制限しています。

そしてアマゾンは自分なりの機能を導入して、取引の情報伝達機能を置き換えることを目指しています。

11月13日に公開された「Request a Review」ボタンは、セラーは注文画面のボタンをクリックすると、カスタマーにコメントを要求するメールを送信できます。

アマゾンはなぜそうするのでしょうか?

アマゾンは長い間、セラーに「お客様至上」と言うことを教えてきました。

セラーにアマゾンの顧客層を自由にコントロールさせると、アマゾンのカスタマーに不良なセラーの操作や迷惑メールなどにさらされる可能性があります。これは明らかに「顧客中心」のアマゾンの理念に反しています。

アマゾンによると、セラーのこうした不正行為を防ぐための第一の防御線とは、アマゾンからセラーの情報伝達を抑制することです。

2 .アマゾンは「W11(ダブルイレブン)」をアメリカに導入すること

「Prime Day」や「Cyber Monday」は米国では重要なイベントですが、中国では休日ショッピングのブームは11月11日から始まって、カスタマーはこの日に商品を大量購入します。

W11はとても人気があります。アリババのプラットフォームだけでも、その日にすべての売上高は380億ドルに達成しました。これは米国のすべてのオンライン小売業者の2019年における、「ブラックフライデー」と「サイバーマンデー」の売上高の合計(244億ドル)よりも多いです。

この記事の執筆時点で、2019年のショッピングシーズン全体のオンライン小売総額は1438億ドルになると予想されています。これはアリババの一日あたりの売上の3倍を超える数字です。

他の国でも「W11」を導入し始めています。

世界のどの国が「ブラックフライデー」に参加しているかを調査する際に、アラブ首長国連邦とスペイン、いずれも「ブラックフライデー」ではなく、「W11」の優待キャンペーンや販促キャンペーンを優先的に選択しています。

「W11」は休日期間中にプレゼントを贈る人がいない(あるいはしたくない)かもしれない人をひきつけられます。国民的な休日ピークの前に、「独身者」に取引を提供することを通じて、1種の新しい休日の伝統を創造して、「W11」は小売業者の市場を拡大しました。

アマゾンはなぜ「W11」に参加しますか?

アマゾンはカスタマーのための新しい休日販売を創設することは珍しいことではないです。今年のプライム・デーは、76億ドルの収入をもたらしました。これは2018年のプライム・デーの販売数のほぼ2倍でした。このため、アマゾンは「W11」を導入することも時間の問題でしょうね。

現在、米国の「W11」の唯一の障害とは、復員軍人の日(11月11日)との重なったことです。

3 .アマゾンはアフリカ市場に参入すること

世界の3分の2の人がブラックフライデーの休日販売に、1つまたは別の形で参加していることを考えると、アフリカの多くの国が参加していることも珍しくないです。

オンライン・ディーラーのJumiaとその実店舗/オンラインにおけるライバルのShopriteと、アフリカ諸国の「ブラックフライデー」の検索エンジンの結果で、アマゾンとアリババをリードしています(どちらもアフリカでの事業はまだ未発展の状態)。

Jumiaは2012年にナイジェリアのラゴスで事業を開始し、現在アフリカ13カ国/地域で事業を展開しています。メディアではしばしば「アフリカのアマゾン」と呼ばれています。

VOAニュースによると、2019年のブラックフライデーのアフリカ全体での売上高は、通常の売上高より1,331 %高いです。Jumiaはナイジェリアで1人当たり平均60ドルの売り上げだそうです。Shopriteは南アフリカで1人当たりの売上高が120ドルに迫っています。更には、南アフリカ第一国立銀行のショッピング・フェスティバル期間中の売上高は1690億ドルに達しました。

アフリカ連合は今年、アフリカ大陸自由貿易圏(AfCFTA)の設立を宣言しました。欧州連合(EU)や北米自由貿易協定(NAFTA)と同様に、アフリカ54カ国間の自由貿易が認められます。

この貿易協定は雇用の増加とアフリカ全体のGDPの増加を促進する見通しです。

アマゾンの反応とは?

アマゾンは市場に参入してJumiaとShopriteと競争しないという予測ですが、アマゾンが2017年に中東のオンラインディーラーSouq(現在Souqはamazon.ae)を買収したように、その中の1つを買収することも可能です。

Quartz (publication)が11月に、高価な小売ネットワーク(10億ドル以上の赤字)の維持に問題があると報道して以来、Jumiaが可能な目標であると考えられます。

Jumiaの現在の価値は4億9400万ドルで、2019年4月のIPO推定値の3分の1にも満たないです。これはアマゾンが2017年にSouqに支払った現金よりおよそ2億ドル低い金額でした。

4 .アマゾンは偽コメントを全面的に修正すること

2020年にアマゾンが、そのプラットフォームで偽コメントを終了させる努力も続くということが予測できます。

アマゾンは2016年10月に、セラーがレビューを引き換えためのサービスを提供することを禁止して以来、サービスに関する約款を更新し続けて、このような偽レビューの問題に対処しています。

以下のポリシーを利用するセラーはアマゾンのサービス約款に違反しています:

1、自分の商品やライバル商品のレビューを公表すること。

2、レビューを得るために、金銭奨励、割引、無料商品またはその他の補償を第三者に提供すること。

3、カスタマーがコメントを書いた後に返金または償還を提供すること(またはオファーを提供する)。これには非アマゾン決済による清算が含まれます。(これは、アマゾンの出品者—出品者情報を介し、アマゾン以外のクライアントに直接コンタクトしたり、第三者サービスやwebサイト、またはソーシャルメディアを利用したりなど)

2016年10月、ReviewMetaは高いレビュー率と無料または大幅な割引を受けたカスタマーとの関係を示すビデオを発表しました。2週間後、アマゾンはレビューを奨励することを禁止する規定を打ち出しました。

EcomCrewが発表した報告書の中で、このプラットフォームは中国のセラーがアマゾンを操作する主な方法を公開しました。ここで主に言及されているのは審査操作です。

AMZKungfuのZach Franklinも、中国のセラーの50%がこのようにアマゾンのサービス約款を回避しているという報告があります。

アマゾンは一体何を変えますか?

以下は、専門家によるアドバイスです。

1、アマゾンはブランド登録をますます重視されて、それは一部のセラーにプラットフォームでの業務を拡大することを抑制されています。

2、英文記述のListingを強制すること。

3、審査速度を追跡するアルゴリズム。たとえば、ある商品が30日前に発表され、150件の販売数が実現し、すでに75件のレビューがあった場合には、アマゾンはこのListingをタグ付けして審査を行います。

4、セラーはカスタマーの銀行/クレジットカード情報は入手できないです。

5、メーカーがセラーの情報を入手できない。

5、アマゾンはいくつかのカテゴリーのFBMを終了すること

アマゾン上で第三者の販売者から販売された商品は第三者から直接送られてくるか(FBM)、アマゾンから送られてくる(FBA)。FBAで配送される商品はアマゾンのフルフィルメントセンターに保管され、顧客への配送やカスタマーサービスもアマゾンが請け負われます。

FBMセラーはアマゾンに対して2つの責任を請け負われます。

まず、FBMは一部のセラーに、別のリストに偽物をリストアップできる経路を提供しました。これらの偽物リストは、他の国/地域から出荷される場合があり、配送時間は長くなるし、商品の評価にも影響を与えられています。

また、AmazonはFBAを制御できますが、FBMのブランドやメッセージを制御することはできないです。

アマゾンはすでにFBMセラーに出荷時間、包装品質、カスタマーサービスなどに関するガイドラインを示しましたが、FBMセラーがこれらの基準を守らなくても、アマゾンから処罰することができないです。

実際には、カスタマーからの悪い評価でしか処罰できないです。セラーへの評価は、「より多くのセラー」という選択肢をクリックしたときにしか見られないので、ほとんどのカスタマーはしないです。

しかし、アマゾンがFBM機能を完全に削除することも不可能です。

カテゴリーとセラーのタイプに対する評価を行い、最も売れているカテゴリーとセラータイプを検討しました。FBMのセラーがあるカテゴリーで優先的な地位が見られます(さらにはリードしている)。そのため、ハイエンドで、運送が困難なカテゴリー(例えば電気制品、マットレスと家具)には、依然としてFBMのセラーに公開される可能性があります。

これらのデータによると、アマゾンではキッチンやレストラン、おもちゃ、スポーツ、アウトドアなど、より軽くて、運送しやすい(家電や家具と比べて)カテゴリーの固定資産管理を廃止するかもしれないです。或いはFBMのセラーに、これらの商品に対してより厳しい制限を課することになります。

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^