Listingの最適化は重要ですが、コアキーワードの選出も重視しましょう!

2020-01-15
ネットショッピングというのは、大体抽象的な情報から頭の中でイメージを想像し、それから自分の想像によってショッピングをしています。アマゾンのセラーにとって、商品を売りたいならば、その核心的なのはListingの最適化です。Listingの最適化というと、「消費者にとって、Listingは商品そのものだ」ということを強調したいです。Listingの最適化がうまくいかなければ、多くの潜在的なカスタマーを見逃すのも当然なことです。

Listingの最適化に関する内容や細かい所が多いですが、そのポイントは2つです:
1、カスタマーが検索されること;2、転化率を向上させること。

今日はListingの最適化の話ではなくて、商品のキーワードとは何ですか?キーワードのタイプはどうなっていますか?どうやってコアキーワードを選びますか?など、多くのセラーには似たような疑問と困惑を持っているかもしれないので、今日はこれらの問題に対して話しましょう。

キーワードの定義については、「ユーザーの頭の中に存在するある商品を検索する時に使う言葉やフレーズ」、と考えられます。いずれのキーワードでも、必ず名詞、或いは名詞構造の言葉やフレーズです。また、ただの記述部分として、他の言葉と结合してから具体的な商品を指す言葉は、キーワードではないです。

例えば、「Men's Watch」は名詞構造の言葉です。それはキーワードと言えますが、大型犬用ロープを販売する場合は、セラーが収集したワード集には、「Large Dog」は名詞構造の言葉ですが、それは犬用ロープの記述部分として使っているので、単独的なキーワードではないです。その正しいキーワードは「Large Dog Leash」です。

キーワードの選択には、次の4つの要素も考えられます:

1、商品と関連する:関連があるこそ、重み係数が高くなれます;

2、カスタマーと関連する:カスタマーの検索語と一致しなければならない(または部分的に一致します);

3、収集できたワード集における各検索回数と検索結果を比較する:この点については、第3者のデータツール、例えばセラースプライトなどをデータ分析ツールを使う必要があります;

4、市場トレンドに応じて適切に調整する:キーワードは固定的ではなく、時間の変化、またセラーが商品と顧客への認識が深くなるにつれて、必然的にキーワード集も変化しますので、タイムリーに更新しなければならないです。

キーワードのカバー範囲と転換率によって、以下の3つのタイプに分かれます。

カテゴリーキーワード:カバー範囲が広くて、ターゲットのカスタマーは正確ではないかもしれないです;

コアキーワード:商品、カスタマーとのマッチ度が高いし、ターゲットカスタマーがはっきりしていて、転換率が高いキーワードです。

ロングテールキーワード:このタイプのキーワードは主に細分化市場にいるカスタマーを目標としているので、ターゲットカスタマーははっきりして、転換率は高いです。しかし検索回数は比較的に少ないです。

一般には、これら3種類のワードは重なる場合もあるので、セラーが商品を出品する際に、状況に合わせて使ってください。重なるワードは最適化して使えますが、重なっていないワードはコアキーワードであれば適切な位置に置くべきです。

例えば、「Men's Watch」と「Men's Sports Watch」は、重なっているワードがあります。Listingに使うスペースは足りないならば、後者のキーワードを使えばいいです。しかし、「Power Bank」と「Portable Charger」については、どちらもモバイルバッテリーのコアキーワードで、互いに重なっていないし、両方もListingに適切な位置に置くべきです。

セラーにとってListingの最適化をする際には、そのポイントはコアキーワードを選出することです。どのようにコアキーワードをできるだけ全面的に見つけられますか?

次の4つが考えられる方向です:

第一、自分の商品に対して十分熟知している:商品の名前だけではなくて、カスタマーはどのようにその商品を呼ぶのかも知るべきです;

第二、ライバルは何のワードを使うのかを調べる:ライバルは一番いい先生です。私たちが努力してワードを収集・整理する際に、ライバルも同じことをしています。また、売れる商品について、ライバルは既にいずれの努力もしたし、実際の販売データも検証できたし、ライバルのListingタイトルと記述内容を研究したら、中の注目キーワードを選出して自分のListingに使えます;

第三、広告レポートを利用する:三つの高い(露出率が高い、クリック率が高い、転換率が高い)キーワードを選出し、Listingに使えます。広告レポートの中のCustomer Search Termsはカスタマー検索行為のフィードバックです。その三つの高いキーワードは必ず利用してください;

第四、第三者ツールによる各検索回数と検索結果を比較する:例えば、セラースプライトなどのデータ分析ツールは、自分の習慣に合わせて適切なツールを選ばれます。キーワードの収集・整理することができます。

もしアマゾン運営する際に、以上のことを重視したら、キーワードの収集と整理は決して悪くないです。Listingにはいい・全面的なキーワードを使えば、カスタマーから検索される可能性も高くなるのは間違いないことです。

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^