アマゾンListingを最適化する「10原則」

2020-11-30

アマゾンのセラーにとっては、商品が売れるためには、商品セレクトのほかに、質の良いListingも大切です。Listingを最適化して、多大なトラフィックと販売数をもたらすことができます。


今日はListingを最適化するための「10原則」について話しましょう。


1 キーワードを詰めないこと


従来のSEO戦略は、自分のListingページに必要以上に不要なキーワードを埋め込むことですが、今引き続きこのやり方をすると、順位を上げることができないだけでなく、マイナス効果も与えます。


アマゾンはキーワードを詰めることは禁止しているので、直接Listingを削除されてしまうことも多いです。


2 タイトルにブランド名を記入


アマゾンのタイトルには必ずブランド名を記入してください。それぞれの商品タイトルにはブランド名が含まれていることは、ブランド認知度を高めることもできます。


良いListingタイトル構造は:ブランド名+シリーズ名+型番+外形寸法+他(色、容量、パッケージサイズなど)です。


3 ライバル商品のブランド名を使わない


多くのセラーが市場シェアを争うために、自分のListingにライバルのブランド名を記入しています。これはセラー自身のブランドに影響を与えるほか、法律問題になる恐れもあります。


4 タイトルに特殊な記号を使わない


アマゾンでは、セラーがタイトルに特殊記号を使うことを禁止しています。例えば、~、!、*、$、?。もしルール違反の場合、Listingが一時停止される可能性があります。


5 タイトルとbullet pointsにはキーワードを重複しない


タイトルもbullet pointsも文字制限があるため、SEO効果を最大化するためには、同じキーワードを重複しない方が良いです。


6 文字制限を超えないように


アマゾンではユーザの体験を改善するために、セラーが作成したListingタイトルが200文字を超えると検索や閲覧範囲が制限されると規定しています。


7月15日から、セラーは新しいListingを作成する際に、タイトルの長さが200文字以下であることを確認してください。そうでなければ、カスタマーはあなたの商品を検索できないです。


7 アマゾンで禁止されている商品声明を書かない


アマゾンは、セラーが健康、知的財産権の解釈される可能性のある言葉の使用を禁止しています。必要な証明と認証がない限り、アマゾンはこのようなルール違反のListingを削除します。


8 メイン画像は創意画像を使わない


生き生きとして魅力的な商品の画像はカスタマーを引きつけられます。商品のクリック率を高めて、最終的には売上も高められます。


セラーが9枚の画像をアップロードできますが、画像についての規定を満たさなければならないです。メイン図は最も重要な商品の写真であり、カスタマーが見られる最初の商品図です。


アマゾンの規定によると、メインマップはできるだけ簡単で、すべての装飾を取り除き、白い背景を采用しなければならないです。もし商品の画像がルール違反した場合、Listingは検索結果に現れませんのでご注意ください。



データ:セラースプライト拡張機能


9 商品記述の重要性を無視しないでください


多くのセラーがA+ページを持つようになると、商品記述を無視しがちです。しかし、モバイル端末では商品記述が代わりにA+の位置に現れます。


80%のカスタマーがスマートフォンを使ってショッピングをすることを考慮して、商品の説明を最適化することを忘れないでください。


10 お客様のコメントや販促用のテキストを画像に追加しない


このようなやり方は人を引きつけるようですが、商品の写真やListingの中にカスタマーの評価や販促のテキストが入っているListingはルール違反です。発見されるとアカウントが凍結される可能性があります。


セラーとして、Listingを作成・最適化するためのすべての細かいことを知らなければならないです。アマゾンのルールを違反しないように、試行錯誤を重ねて、自分に最適な方法を見つけましょう。

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^