若者の消費習慣を解析して、転換率を高めよう!

2020-10-19
近年、ソーシャルメディアの影響で、日本の若者の消費観念は大きく変わり、ソーシャルメディアでの人気商品を参考しながら買い物しています。


ソーシャルメディアの影響は、現代の若者の生活の隅々にまで浸透しています。日本で最も流行しているソーシャルメディアは、Facebook、Instagram、LINE、Tiktokなどが挙げられます。

ファッションや音楽に関心を持つ人が多く、ソーシャルメディアで注目している人気アカウントを閲覧したり、insで話題になっている商品を検索したりしています。皆はソーシャルメディアの実際のユーザー体験を見たりすることで、この商品をオンラインで購入するかどうかを決めています。

「仕事が忙しくて、洋服を買う時間がない。普段はソーシャルメディアにキーワードで人気商品を検索し、ファッションをフォローしています。」
画像:ネット
ソーシャルメディアで安い商品や似たような商品を見たら購入を検討します。ソーシャルメディアで共有されている商品は、より直感的に動画を見ることができ、購入したユーザーと商品の詳細について、色差があるかどうか、品質はどうかなどをオンラインで問い合わせることができます。

データ:セラースプライト拡張機能

ますます多くの若者はソーシャルメディアに依存して商品を買うかどうかを決めています。このような傾向の中で、多くの会社がソーシャルメディアを使って商品をアピールし、新しいターゲット消費者を探し始めました。

01
消費者のニーズを分かる

ソーシャルメディアのマーケティングは、商品に対するターゲット消費者の態度を把握できるため、直接ファンとのコミュニケーションを促進しています。その中の多くの人は商品の潜在的な消費者で、これらの人の潜在的な需要を深く掘り下げることができたら、更に良いマーケティング策略を出すことができます!

商品やサービスに関する問題を集めたい場合は、ソーシャルメディアで簡単に答えを見つけることができます。

02
マーケティング戦略

多くの業者はソーシャルメディアを利用してマーケティング戦略を広めています。特に、祝日やアマゾン販促活動が行う場合、セラーはソーシャルメディアを利用して店舗のマーケティング活動を促進することができます。ソーシャルメディアのファンを増やすこともできますし、商品の転化率を上げることもできます。まさに一石二鳥のことです。
データ:セラースプライト拡張機能

アマゾンジャパンのセラーは、ソーシャルメディアを利用して自分のファングループを構築、ブランドをつくり、売上を上げることができます。マーケティング方法は様々ですが、自分に最適なマーケティングプランを見つけましょう。