アマゾン—シーズンの返品はどう対応すればいいでしょうか?

2020-11-25

シーズンなのに、返品をどうするかが一部のセラーの悩みとなっています。本日はアマゾンの返品規則に基づき、返品の予防や返品処理に関するノウハウを話しましょう。


アマゾンはシーズンの返品期限を延長


アマゾンはこの間、シーズンの注文の返品期限を延長するという公告を出しました。


返品規則により、10月1日-12月31日の間に出荷されたほとんどの注文に対して、2021年1月31日までに返品を申し込むことができます。


このルールはFBA注文とFBM注文に適用されています。


注意しなければならないのは、注文の返品期限が延長されている場合が多いにもかかわらず、カテゴリーによって異なる場合があり、「返品のお手伝い」のページで、返品締切日を種別ごとに見ることができます。


返品の影響


返品による影響


1.返品コスト


もし1つの商品がアマゾンに返品された場合、たとえそれが入庫と再販されても、アマゾンは返品注文に対して20%の手数料と送料を受け取ります。


返品された商品が再販できない場合、20%を超える手数料、運賃、処分料を請求されます。


2.店舗実績


返品が多すぎると、ODRという業績指標を高めることになります。アマゾンはODRが1%未満であることを要求します。そうでない場合、販売が制限され、深刻な場合はアマゾンから販売権を直接除去することになります。


3.否定的なコメント


一般に、カスタマーが返品を要求するには商品そのものに対する不満があるからです。


商品品質に問題がある場合、悪い評価を受けることがあります。これはあなたのListingランキングに直接影響を与えます。ブランドイメージにも影響を与えます。





データ:セラースプライト拡張機能機能


FBAとFBMセラーの違い




データ:セラースプライト拡張機能機能


FBA


商品がアマゾンFBAから出荷される場合、パッケージの輸送コストが異なっています。


アマゾンの倉庫に入庫する要求もいくつかあり、これはタグ、在庫、運送などいくつかの要求を満たさなければならないことを意味しています。


サイズ別に課金するか、重量別に課金するかを知る必要があります。アマゾンでは定期的に料金を調整しています。


2020年6月15日、アマゾンは新しい返品規則——返品ラベルを発表し、すべてのブランドセラーはこの計画に自動的に参加します。


返品タグプログラムにより、アマゾンは返品規則に従った返品注文をすべて自動承認し、販売者を代表して顧客に運賃の前払いラベルを提供します。


これは、返品過程がカスタマーにとっては容易であることを意味するが、セラーにとっては多少の欠陥があることは確実です。


いかなる理由であっても、カスタマーは容易に商品をアマゾンに戻して返金を受けることができるが、セラーはすべての費用を負担します。


しかし、アマゾンのコントロールでは、壊れたり、なくなった商品によって補償を受けることもあります。


FBM


カスタマーが返品を要求する場合、より多くのコントロール権利を持って、承認を得てから、輸送ラベルまたは配達先を提供します。カスタマーが返品した商品を受け取った後、手動でその口座の注文を返金する必要があります。


返品送料については、場合によって異なりますが、もし送料が高い場合には、返品する代わりに購入者に直接返品することをお勧めします。


海外倉庫がある場合は、返品倉庫として利用することができ、時間と輸送費を節約して返品を受けることができます。


返品費用


受け取った商品は、アマゾンFBAのせいで不測の事態になった場合、返品は送料無料、そうでなければ支払う必要があります。


以下はアマゾンの返品無料に対する規定です。


アマゾンでは、一部の商品にFree返品サービスを提供しています。通常、ページの価格位置の隣で見ることができます。


なお、Free返品はFBAの商品にのみ適用され、第三者セラーが出荷した商品を購入した場合、顧客はセラーとの協議を必要とし、返品の原因と最終結果に依存します。


返品後の直接の結果は、商品の全額返金となり、購入時に発生する送料は通常含まれないです。Amazon Gift Cardとう形での返金も可能となります。


どのように商品の返品の損失を最小限に抑える


商品の返品による損失は、セラーの利潤に直接影響するため、セラーは商品の返品による損失を最小限に抑えなければならないです。


1.なるべく顧客とコミュニケーションする


お客様の返品の可能性を減らし、適量の補償をすることで合意して、返品しないことが最善の処理方式です。


2.低価格の商品は返品しなくてもよい


商品を返品する価値と必要性を評価して、返品・廃棄すること及びアマゾン倉庫で保存する費用は品質問題商品の価値より遥かに大きい場合は、顧客が自分で処理するのは合理的な考慮です。


3.速やかな返金、顧客への配慮


返品することを確認した場合、セラーの効率的かつタイムリーに返金することは、カスタマーの不満を抑え、いい印象を与えます。


4.商品そのものが一番


品質に問題がなければ、自然に返品もないです。


5.返品を仕入れの一部にする


セラーが工場と商品契約を行う際には、顧客の商品の返品というリスクを仕入れ先と共有し、返品による損失も抑えることができます。

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^