商品リサーチする際にどのように競争度を判断するのか:検索数いくらだと競争度が低い?

2020-08-26
商品リサーチする際に、大手ブランドで資金が充実でない限り、ぜひあんまり「人気がない商品」を選びましょう。

では何が「人気がない商品」なのでしょうか?

提案としては:Best Sellerの日販売数は50-150の商品を選びます。

このような商品は、売れているのではありませんが、もしそれを選んで運営し、努力してそれをトップに押して、少ないならば毎月15、20万円の利益、多ければ100万円以上の利益も可能です。

たくさんのセラーはよく頭が痛いのは相乗り出品ですね。しかし、人気がない商品を売ると、相乗りも付いてくる気がしないですよ。

そこまで人気がない商品を選ぶことの重要性を強調してきましたが、では、検索数がいくらだと競争が激しくないのでしょうか?

この問題については、深く研究する必要がないと思います。理由は簡単ですが、アマゾンでは検索結果の数値が限られているからです。1つのキーワードで検索すると、検索結果の1ページ目には1000件の検索結果が表示されますが、3ページ目を開いて検索結果の数値が2万件になっています。どちらを信用できますか?実際にはどちらの検索結果でも正しくない、参考価値がないです。

だから、検索数より、いくつか更に重要な指標を注目しましょう:

一、Best Seller 100位までの販売数。Best Sellerの日販売数150、20位の日販売数30、100位の日販売数3などのデータです。このようなデータに対して、検索数にかかわらず、ほぼ100人の競争相手がいるにしましょう。一日に3件の注文も出せないのなら、この商品をちゃんと運営していると言えないでしょうね。この場合、3件の注文を出すと、もう100位以内に入ることになります。その時、競争相手もただ100位以内のものということです。

二、検索結果の上位3ページか上位7ページのListingに注目します。特に激安販売のListingがあるか、いくつかあるかを確認します。もし多くのListingが低価格で販売されていて、しかもそれらの販売価格は私にとってほとんど利益がないか価格でしたら、直接このような市場に入れないことを決めます。このときの分析は、Keepaのような拡張機能を利用し、現在の価格、履歴価格をチェックします。一時的な安値ならまだしも、長期的な安値なら、コストを下げるか、市場参入しないかを判断します。

三、検索結果の上位ページとBest Sellerのランキングに、同じセラーばっかりである現象があるかどうかを確認します。Listingも店舗のスタイルも一致・似ているであれば、それを深く分析しましょう。こんなセラーは、架空注文などの手段を使う可能性が高く、その市場参入も慎重に考えてください。

もちろん、上記でない場合や、あんまり見えない場合には、商品の販売価格の分析で、利益が出ているし、多くのセラーの売れ行きも良さそうだし、レビューや星評価も比較的安定しているような商品を選択してもいいでしょう。

以上が言及したいくつかの商品リサーチの重要な指標は、いずれもセラースプライト拡張機能で迅速にデータ分析を実現することができます。便利・簡単で、大量のデータ収集と分析の時間を節約することができます。

セラースプライト市場リサーチ-市場分析レポート
Best Seller Top100商品販売数:


Best Seller Top100セラー独占度:


セラースプライト拡張機能-BSRランキング
Best Sellerリアルタイムランキング・Top100商品データ:


セラースプライト拡張機能-キーワード検索結果ページ
検索結果ページListingの各表現:


是非セラースプライト拡張機能を活用して、早く働きましょう!

2020年9月訂正:
セラースプライトが現時点で収集しているデータは商品のすべてのコメントであるため、指標の「レビュー数」を「評価数(ratings)」、「レビュー率」を「評価率」に変わりました。

レビュー数:リアルコメント(Verified Purchase)
評価数:すべてのコメント(直接の評価、Verified Purchase、直接星をつける)を含みます。

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^