初心者必見!Listing初期編集テクニック!

2020-08-31
Listingの重要性?

アマゾンはユーザーの体験を中心としたプラットフォームであり、A9アルゴリズムの核心任務はカスタマーの購入を最大化することです。アマゾンでは、Listingはセラーが商品を展示し、カスタマーが商品を知る唯一の入口です。Listingの全体的な重みは、商品のランキングに影響を与え、カスタマーが商品を検索するとき、Listingの全体的な重みが高ければ、ランキングが上位になるほど、より多くの露出が得られます。Listingの内容はカスタマーの最終的な購買決定に大きく影響し、これはクリックと転化に関連しています。また、クリックと転化に影響する要素は画像、内容、価格と商品の相関性などのことです。

どうやってListingを準備すればいいのでしょうか?

1
category
カテゴリー

適切なカテゴリーを選択しましょう。カテゴリーを選択することは、Listingをアップロードする最初のステップです。もしカテゴリーを誤ると、カテゴリー検索のトラフィックを見失ってしまうだけでなく、アマゾンも広告表示や自然ランキングでこのListingを抑えています。そこでListingをアップロードする際には、関連商品のBest sellerをキーワードで検索し、そのカテゴリーを参照して、自分の商品に最も関連度の高いカテゴリーを選択しましょう。また、商品をアップロードする際には、テンプレートを使って一括してアップロードすることができますが、違うカテゴリーのテンプレートも異なっていることを注意してください。

2
picture
画像

画像はカスタマーが商品選択の第一要素なので、画像ははっきりして、わかりやすくて、情報が豊富で、見た目にも魅力があるものにしましょう。アマゾンの商品は1枚のメイン図、8枚のサブ図を使うことができます。アップロードされた画像にも一定の標准があります。

1.メインマップは、純白背景(RGB値255、255、255)を採用しなければならない。

2.主要図は商品の実物を展示しなければならないです。販売しない部品、カスタマーを困惑させる可能性のあるもの、または商品の一部に属さない文字を展示してはいけないです。ロゴ、または埋め込み画像も含まれてはいけません。

3.商品は少なくとも85%の画像領域を占有しなければならないです。画像の高さまたは幅は少なくとも1000画素でなければならないです。この最小サイズの要求を満たすことによって、webサイト上でズーム機能を実現することができるからです。

4.画像はモデルを含まないです(商品がモデルが着用する服装やアクセサリーでない限り)。

画像選択テクニック(副画像に対する)
文字付き画像;商品の品質説明図、商品のセールスポイントの詳細図、サイズ表示図、使用シーン図、パッケージ展示図などを含みます。

3
Title
タイトル

200文字以内で、ワード+フレーズの組合です。連続して読みやすく、論理的で、キーワードの積み重ねを避けましょう。A9アルゴリズムの商品検索機能はキーワードに基づいており、タイトル、箇条書き、Search Terms、商品記述にキーワードを埋める必要があるが、キーワードの検索重みはタイトル>箇条書き>ST>商品記述であり、コアキーワードをタイトルに埋めることが望ましいです。

タイトルのテクニック
ブランド+商品タイプ/名称(2 ~ 3つのコアキーワード)+特性ポイント+シリーズモデル+属性(サイズ、容量、色、素材など)+付属品+使用範囲などです。

*実際の状況に応じて要素組合と順序を調整ことができますが、一般的には位置の重みが前になるほど大きいです。

Anker充電器のタイトルを例にしましょう


Portable Charger(商品タイプ/名称/コアキーワード1)

Anker(ブランド)

PowerCore 20100mAh(属性容量,セールスポイント:大容量)

Ultra High Capacity (特性ポイント)

Power Bank(商品タイプ/名称/コアキーワード2)

With 4.8A Output(属性)

External Battery Pack(商品タイプ/コアキーワード3)

For iPhone, iPad & Samsung Galaxy & More(使用範囲)

Black(色、属性)

4
Bullet Points
箇条書き

1行500文字、商品の核心のセールスポイントを精錬し、重要度順にソートします。箇条書きはキーワード検索の重みの中で2番目に高いので、タイトルに言及していない二次的なキーワードは箇条書きに埋めておく必要があります。一般に、重複キーワードはListing重みの向上にあまり寄与しないが、コアキーワードの単複数を記入することを推奨します。それはそれぞれの単複数で検索を行うと順位が変わる可能性があるからです。

箇条書きのテクニック
結束性のあるワード/フレーズ(セールスポイント)+具体的な記述(結束性のあるセールスポイントへの拡張説明、ロングテールキーワードを活用)


5
search terms
キーワード検索

Search Termsはアマゾン購入ページから見えないので、ライバル商品の記入方法を参照することは困難です。STの記入ルールは重複しない、競合ブランドやAsinは出ないことです。主に商品に関連するキーワードを記入します。キーワードが上位になるほど検索の重みが高くなっています。1行あたり最大1000文字まで記入できます。露出を増やすために商品と関係のないホットキーワードを記入しないようにしてください。

6
product description
商品記述

2000文字以内です。カスタマーがアマゾンの携帯端末で先に見えるのは商品記述であり、箇条書きは展開しなければ見ることができないので、商品記述部分も無視しないでください。セールスポイントに加えて、パラメータ、サービスや商品にはどんな付属品が含まれているのかなどをここで繰り返していきます。また、ライバル商品のレビューを見ることでセールスポイントを得ることができます。

Listingが最適化されるとは思って、Listingの初期編集を無視しないでください。前段階でListingをうまく書いていたら、正式にアップロードしたときにすぐに注文が来るかもしれないです。アマゾンはこの商品が人気になっていると思えば、より多くのトラフィックをプッシュしてくれます。Listingを編集する際にも、該当するカテゴリーのBest sellerやライバル商品のListingの書き方を参考にしたり、比較したりしましょう。

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^