アマゾンの店舗運営によく見られる「問題点」の分析

2021-03-01

1、新店舗レビュー獲得


まだ注文が入っていない店舗に対しては、Facebookの一部グループ、YouTuBeの人気者などの外部資源を利用して、商品無料テストを希望する消費者に連絡してレビューを獲得できます。


アマゾンは感度の高いマーケットで、セラーの受注数と店舗ランキングはリアルタイムで連動しており、売り上げが落ちた場合にはランキングも急落します。


レビューは継続的なプロセスであり、商品のランクや転換率を維持するためには、五つ星の評価を絶えずに獲得してこそ、販売を安定させることができるのです。


2、単一の商品の販売価格を上げる


販売者が店舗の認知度を上げるためには、前期の低価格セールはよく見られる現象ですが、後期の価格異動の過程では、変動する価格帯を把握しておく必要があります。


販売者は事前の市場調査で、その商品の現在の販売価格、ベストセラーの販売価格を見て、どのくらいの利益があるかを考えておく必要があります。利益があること、販売数が安定していることを前提に、適切に価格を上げて販売数を維持することができるでしょう。




データ:セラースプライト拡張機能


そして、二三日のうちに価格を変えさせないでください。販売が少なくとも一週間安定した時点で価格を引き上げることを覚えましょう。


3、カスタマーのフィードバックを最適化


不良評価のfeedbackについては、速やかに除去することを提案します。レビューを除去できない場合には速やかに好評を増やすか、カスタマーに連絡し、削除してもらうかを行ってください。


4、転換率を上げる


店舗のトラフィックが増えてきたら、転換率に注目しましょう。割引キャンペーンやプロモーションなどで競争力をつけることができます。


Listingの品質スコアと重みは、これらの要因に関係しています:キーワードの検索、訪問者の転換率、キーワードの重み、カートの数、レビューの数、Q&A、FBAなど。




データ:セラースプライト拡張機能


転換率に影響を与える要因:リスティングのタイトル、画像、価格、プロモーション、詳細ページ、Q&A、レビュー、FBAのカート、相乗り出品の有無、送料設定、商品カテゴリー、関連トラフィック、広告トラフィック、A +ページなど。


店舗運営では、もったいないトラフィックを最小限に抑え、購入希望者(ターゲット)を的確に把握することが重要です。


なぜなら、トラフィックが大きく、リスティングの転換率が5%を下回る場合は、重みが低下するリスクがあり、1つのリスティングは10%以上は合格、優秀なものでは30%以上を達成する必要があるからです。


アマゾンのA9アルゴリズムの中心にある指標は、閲覧数ではなく転換率です。だから、閲覧して買わないトラフィックは、むしろ有害なことなのです。

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^