キーワードリサーチ-PPCコスト率について

2020-08-13
PPCコスト率はセラースプライトのオリジナルな指標です。同じ値の商品を販売するためのトラフィックのコストと指します。

PPCコスト率 = PPC価格/商品平均価格*100%。

例えば、iphone x caseの場合、PPC価格は0.71ドル、商品の平均価格は14.13ドル、PPCコスト率は =0.71/14.13*100% = 5.0%であり、つまり100ドル相当の値の商品を1回販売したは、1回あたりのトラフィックコストは5ドルです。


PPCコスト率が低いほど、この細分化市場におけるトラフィックコストが低い、競争が穏やかであることを意味します。この市場が潜在力があることを意味します。

例えばキーワードdog toysとcat toysは、犬のおもちゃと猫のおもちゃという2つの細分化市場を表しています。


ペット市場に参入しようとするセラーにとって、これら二つの細分化市場全体の検索数の傾向、検索数、販売数と大きく違わず、市場の容量と需要がほぼ同じであることを示しています。この場合、市場の競合状況をさらに考慮する必要があります。
市場の競争状況を反映する3大指標である-クリック集中度、PPCコスト率、PPC価格を比較します。


2つの細分化市場におけるクリック集中度の差はあまり大きくないが、PPCコスト率とPPC価格は明らかにcat toysの方がより低いです。

つまり、同じ100ドル相当の値の商品を販売するためには、dog toys市場では9.4ドルのトラフィックコストがかかり、cat toys市場では6.5ドルが必要となります。cat toysというワードの背後にある細分化市場のトラフィックコストがより低く、競争度が比較的穏やかであることを示しています。

ですから、相当の値の商品を販売するために必要なトラフィックコストがわかると、そのトラフィックコストの高い市場は避けられるようになります。
競争に関心のあるセラーは、PPCコスト率で順位付けやフィルタリングをして、トラフィックコストが相対的に低いキーワード市場を見つけることもできます。


予想通りの細分化市場が初歩的に決めた後、キーワード後ろのマークをクリックして、アマゾンの検索結果ページにジャンプできます。


セラースプライト拡張機能を開き、現在の検索結果ページの商品を見本商品として、この細分化市場をさらに分析することもできるし、商品の下方にある「市場分析」ボタンをクリックして、そのカテゴリーにおける売上ランキングTop100の商品を見本商品として市場をさらに分析することもできます。


2020年9月訂正:
セラースプライトが現時点で収集しているデータは商品のすべてのコメントであるため、指標の「レビュー数」を「評価数(ratings)」、「レビュー率」を「評価率」に変わりました。

レビュー数:リアルコメント(Verified Purchase)
評価数:すべてのコメント(直接の評価、Verified Purchase、直接星をつける)を含みます。

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^