市場リサーチ-平均評価数と平均星評価についての解析

2020-09-23| 市場リサーチ|読み取り回数(952)|コメント(0)
平均評価数:該当細分化市場における見本商品の範囲内での商品の平均評価数。
例:(見本商品数:Top100)販売数Top100の商品の先月末の総評価数は5000であり、平均評価数は5000/100=50となります。

平均評価数から、新商品の市場参入前期の難しさを判断できます。
あるカテゴリーの商品の平均評価数が高ければ、そのカテゴリーにおける商品全体の評価数が高く、新商品が入ったときにも多くの評価数が必要となるため、市場参入の難度が高いです。

平均星評価:該当細分化市場における見本商品の範囲内での商品の平均星評価。
例:(見本商品数:Top100)販売数Top100の商品、先月末にカスタマーが採点した総点(星)の平均値です。

平均星評価は、そのカテゴリーの商品に対するカスタマーの満足度を反映しています。Listingの星評価はほとんどが商品の品質やパッケージによって決定されていますが、一部は物流やカスタマーサービスなどの影響を受ける可能性も高いです。

もし1つのカテゴリーの商品の平均星評価がとても高いならば、カスタマーはそのような商品に対する満足度が高くて、セラー側の返品と交換のアフターコストは相対的に低いことを示します。
しかしその一方で、商品の品質はもう十分優れており、商品の品質から差異化を図ることは困難であることも示されています。
逆に、もし平均星評価が低ければ、カスタマーの満足度は高くなく、セラーは高い返品リスクに直面するかもしれないです。
工場型セラーにとっては、カスタマーの満足度から、その市場のニーズ応じて商品を改善することができます。
商品星評価の高さから、商品セレクト戦略も異なっています。

市場分析レポートの星評価分布を考慮すると、以下のことがわかります:
全体的に星評価が高いカテゴリーには、ほとんどの販売数が高い星評価を持つListingに集中しており、新商品の参入難度が高いです。
カテゴリー:水筒・マグボトル;平均星評価:4.5


平均星評価が低いカテゴリーには、販売の分布が分散しており、新商品に対する要求が高くなく、市場参入の難度が高くないです。
カテゴリー:フェイスベルト;平均星評価:3.3


商品リサーチする際に、星評価を特別な指標として活用できます。もしこのカテゴリー或いは商品、星評価はとても低いが、販売数は意外に悪くなくて、あるいは増加傾向は明らかである場合は、それは良い市場(参入できる)かもしれないです。
例としてのリサーチ指標:あるカテゴリー+月販売数がXより高い + FBM出荷+星評価が3.7より低い
ある市場の各方面にも欠陥があって、しかしカスタマーは依然として買いているってことは、需要はとても高いってことではないでしょうか?

以上は平均評価数と平均星評価についての解析ですが、商品リサーチする際に、キーワードに合わせて市場全体のトレンドを分析しながら考えてくださいね。

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(0) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^