初心者コース-キーワードトレンドリサーチ

2021-06-01| 初心者コース|読み取り回数(2730)|コメント(1)



商品リサーチというのは、商品の末端から選ぶということで、すでに成功している商品から逆リサーチします。


市場リサーチとは、供給チェーンから選ぶことであり、出品されているカテゴリーの商品の売れ筋、トレンドに基づいてチャンスを見つけることです。


キーワードリサーチは、需要側から商品セレクトであり、カスタマーの本当のニーズを直接反映し、消費者に基づいての商品セレクトです。


一方、キーワードトレンドリサーチは、直近14週間(3か月)のキーワードデータをリサーチすることで、お客さまのニーズの変化をリアルタイムで把握できます。


迅速に使い方を把握するには、プリセットした商品リサーチモードを使用してください。これらのリサーチモードは、それぞれのセラーの実際状況に応じてシステムが設定したフィルター条件です。


1、トレンド市場


あるカテゴリーでは、検索順位が上昇し、直近4週間で成長を続けている市場

フィルター条件:直近4週間で検索順位上昇数は10000、検索順位上昇率は10%以上




このようなキーワードの検索順位が大きく成長しており、しかも継続的に成長していることは、カスタマーのニーズが継続的に増加していることを示しています。商品セレクトの方向として該当キーワードが指す細分化市場をさらに研究することができます。


2、検索急上昇市場


あるカテゴリーでは、直近1週間で検索順位が急上昇している市場

フィルター条件:直近1週間で検索順位上昇率が50%以上




キーワードの検索順位が急上昇したのは、市場の需要が急拡大していることを示しています。


季節的、祝日的なものかもしれませんし、潜在力がある商品かもしれませんが、順位のトレンドやGoogle Trendsと合わせて具体的に判断してください。


毎年同じ時間帯で検索数が急増すれば、季節性や祝日性がある商品と考えばいいです。




3、人気市場


あるカテゴリーでは、検索順位は上位10000の細分化市場

フィルター条件:検索順位の最大値は10000




各カテゴリーの検索順位Top10000のキーワードは、最もニーズの高い上位10,000の細分化市場であることを示します。


これらのキーワードが指す細分化市場は、需要が高く、トラフィックが多いことを意味しますが、競争が相対的に激しいことも意味します。実力があるセラーに適しています。


4、潜在市場


あるカテゴリーでは、検索順位が良いし、その順位も上昇し続けている市場

フィルター条件:検索順位の最大値は100000、直近1週間の検索順位上昇率は10%以上




このようなキーワードの検索順位は悪くなく、一定の成長を遂げているが、特に上位に入っているわけではないので、対応する細分化市場の競争も相対的にそれほど激しくないです。中小セラーに適しています。


カスタマイズ商品リサーチ


以上のような推奨モードのほかに、自分の状況や総合力に応じたフィルター条件を設置したり、自分の考え方でフィルター条件を設定したりすることもできます。


たとえば、最近需要が伸び続けている細分化市場を見つけたいが、トップ商品の激しい競争には巻き込まれたくない場合は、


「トレンド市場」モード(順位上昇数は直近4週間で10000、順位上昇率は直近4週間で10%以上)に、「検索順位>50000」というフィルター条件を重ね合わせます。




週間変化率を降順に並べると、該当条件で最も順位が上がったキーワード市場を見つけることができます。




既に商品セレクト方向がある場合


工場型のセラーや、すでに商品の方向を決めた場合は、特定のキーワードを入力することで、該当細分化市場の独占度を初歩的に判断できます。




例えば、「meat chopper」というキーワードを入力すると、そのキーワードを含む上位3つのキーワードのいずれも70%以上のクリック集中度があります。


つまり、このキーワードによるアマゾン検索ページでのクリック数の70%以上が、この3つの商品に集中しており、他の商品は残りの30%のトラフィックしか分配していないのです。




「hamburger chopper」というキーワードで検索すると、次のような結果が得られます。




他のいくつかのワードを変えて検索しても結果が同じです。そのカテゴリーの商品の独占度が高く、トラフィックと注文がトップセラーに分配され、この市場は飽和状態にあることを示しています。


市場分析レポートで検証することもできます。


アマゾン検索ページでmeat chopperというキーワードを検索をすると、そのキーワードで検索された上位100商品をサンプルにした市場分析レポートをすばやく取得できます。




市場分析レポートの商品集中度の指標を見ると、


商品集中度は79.8%で、トップ10商品の販売数が見本商品全体の販売数の70%以上を占めていることは、meat chopperという細分化市場の独占性が高すぎることを裏付けています。




商品が既に出品されている場合


すでに自社商品を持っている場合は、特定のキーワードを検索し、関連するキーワードの検索頻度順位と、そのキーワードで最もクリック数が多い3つの商品を把握し、競合商品と比較して商品を最適化することもできます。


マウスは商品の画像の上に置くと、ASIN後ろのジャンプアイコンをクリックすれば、ワンクリックで対応するアマゾンのListingページにジャンプできます。




キーワードトレンドリサーチは初歩的な意思決定プロセスを提供しているが、商品セレクトはコスト、サプライチェーン、市場競争度など総合的な判断も必要です。セラースプライト拡張機能の市場分析機能を組み合わせて分析しましょう。

コメント

Avatar
  • 画像を添付する
ログイン
すべてのコメント(1) / 私のコメント
人気順 / 新着順

ロード中です、しばらくお待ちくださいね^^